2014-07-26

「レンズの数字18-55mmって何?」一眼レフカメラ購入を考え中の方向け超簡単ガイド

一眼レフカメラ簡単ガイド

 

一眼レフカメラが欲しい!と考え始めたとき、電器屋さんでパンフレットをもらってきたり、本やネットでいろいろ下調べされている方って、けっこういらっしゃるのではないでしょうか。過去の私はまさにこれでした。

だけども、パンフレットに掲載されているのは、ほとんどがカメラのスペックで、さっぱり分からず。本を読めば分かるのかと思いきや、専門用語満載でちんぷんかんぷん、読むのすらいやになってくる始末。ネットで調べて出てくるのは、ほとんどが価格ドットコム。もちろん丁寧に解説してくれているサイトなんかもありましたが、超初心者の私には難しい内容。

もちろん、どの情報源も参考になることは沢山あったし、ありがたかったのだけど、私のような「そもそも一眼レフカメラを持っていない者、まだ扱ったことがない未経験者」にとっては、イメージしがたいものでした。誰か超絶に簡単な言葉で教えてくれないかなあ…と、あつかましい願望があったことを覚えています。

 

こんな経験から、このブログでは一眼レフカメラをお持ちでない方、買ったもののイマイチ分かんない方が、少しでもイメージ出来るような簡単な解説を目指しています。

まだまだ勉強中の身ではありますので、少々ズレた例えや表現もあるかと思います。
「こっちの言い回しの方が的確だよ」などありましたら、教えていただけるとすごく嬉しいです。

 

ということで、長い前置きは終了、本日はレンズに書かれている数字について。
レンズにはいろいろな数字が書かれていますが、これは一体何を表してるんだ?を、少しずつ解説していきます。

 

18-55mmって何を表してるの?

いわゆる初心者用お手頃価格の一眼レフカメラには、だいたい付属でレンズがついてます。
「キットレンズ」と言われていて、写真のレンズもそうです。

標準レンズ18-55mmってなに

私が買ったキャノンのキットレンズには18-55mmと書かれていますが、数字はメーカーによってまちまちで14-42mmとか10-30mmなどいろいろあります。

この数字はいったい何を表しているんでしょうか?

簡単に言うと、ズームが出来るレンズですよってこと。

ズームが出来ないレンズ(単焦点レンズと言う)もあるので、この場合は20mmとか50mmって感じで、単体の数字しか書かれていません。

では18-55とは、一体どのくらいのズーム距離なのでしょう?

 

35mmに合わせたときの写真

まずは18-55の中間にある35にメモリを合わせて、雑貨を撮ってみました。

標準レンズ35mmの時

「ふーん。よく分からないけどそんなもんね。もっとアップで見たい気がするなあ。」って感じでしょうか。

 

18mmに合わせたときの写真

今度は一番小さい数字18のメモリに合わせてみました。(変えたのは数字のみ、カメラの位置は同じです。)

標準レンズ18mmの時

「 うわ!よけいに小さくなった!しかも広い範囲写りすぎ!」ですね。
このことから小さい数字にメモリを合わすと、広い範囲が写る、被写体が小さく写るってことが分かります。

これがいわゆる広角側。(コンパクトデジカメならズームWの方)

ほら「この写真は14mmの広角レンズで撮りました」とか書かれているのを見たことないでしょうか。こういう広い範囲が撮れるレンズを使用しているってことです。

 

55mmに合わせたときの写真

ってことは、大きい数字55に合わせるとアップで撮れるんじゃない?と思った方、大正解。

標準レンズ55mmの時

35のメモリに合わせた時の写真より、55の数字の方が大きく写っています。
数字が大きくなるほど、被写体が大きく写る、写る範囲が狭くなります。

これがいわゆる望遠側。(コンパクトデジカメならズームTの方)

例えば、遠くにいる鳥を大きく写している人は、もっと大きな数字200mmとか400mmなんかの望遠レンズを使って撮っているというわけです。

 

視野の変化

さっきの写真を「18⇒35⇒55」と順番に並べてみました。レンズ一本でこれだけ視野が変わります。

18-55mmレンズの視野

  • 18mm 両目開けて見ている視野
  • 35mm 片目つぶってウインク状態の視野
  • 55mm 紙コップの底くりぬいて見ている視野

こんな感じでイメージしてもらえれば、分かりやすいかなと思います。

 

一眼レフカメラを購入した際には、ズームリングを適当に回して撮らず、きちんとメモリに合わせる。「私は今、何mmで撮っているのだ。」を意識しながら練習すると、カメラのことが早く理解できるようになるのでおススメです。

 

<関連するエントリー>

 

 


本日紹介のカメラはコレ

2014-07-26 | Posted in カメラ機器についてNo Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

手芸のスギサク特製ワンピース

関連するエントリー