2015-04-01

屋号を変えたい!開業届を出した個人事業主の場合、税務署に変更手続きは必要?

S字スタンプとメモ帳

こんにちは、スギサクです。
唐突ですが、屋号を変えることにしました。

屋号とは「スギサクの製作」という名前のこと。
これを「手芸のスギサク」に変えます。

わざわざ変えるというのに何それダッサー、と思われるかもしれませんが、ワタクシ的にはかなり気に入っております。

 

屋号を変えたいと思った理由と経緯

スギサクの製作改め手芸のスギサク

最近、ロザフィ講師の山下りえさん
「屋号変えたいなーどんな名前が良いかな~。」
なんて雑談をしておりまして。

オシャレな名前にも憧れるけど、我々の柄じゃないのよね、オシャレすぎたら名乗るの恥ずかしいよね・・・なんて悲しい会話中(正しくはメールのやり取り中)

 

今の「スギサクの製作」の不思議さも気に入ってるけど、何屋か一発で分からないのがヤダな。
いっそのこと「北村カメラ研究所」にしよかな。(私の苗字は北村です)
てか「カメラのキタムラ」があるやん、あかんやん。
あ!「手芸のスギサク」でいいやん!
このサイトのドメイン「sugisaku-s」とも合ってるし。
「手芸のスギサク」に決ーめた!
これに、手作り品のゆるPR部ってキャッチコピーつけますわ!

 

こんな理由と経緯で決定しました。(ちなみに山下りえさんの屋号も、そのうち変わります。)

 

屋号を変えた後の楽しみ

手芸のスギサク名刺

実は名刺を渡しながら自己紹介するのって、こっぱずかしかったんです。
でも、この名前になったら、名刺を渡すのが楽しみになると思うんですよね。

スギサクのアイコンはじめまして、手作り品のゆるPR部長をしております「手芸のスギサク」と申します。

手芸にまつわる、写真の撮り方、ブログの書き方、販売ページの作り方、教室運営のご相談、クレームのご相談、ネタ提供など承っております!
ハンドメイド作品のゆるPRなら、ぜひとも「手芸のスギサク」にお任せください!

え?

いや~当社は、本気と書いてマジPRは、専門外なんですよね、あはは。

こんな風に言えますからね。

「手芸のスギサク」、めちゃくちゃシンプルで分かりやすい、最高の名前が思いついてしまいました。
名前って出来上がってしまうと「てか普通やん。なんで今まで思いつかへんかった?」ってなるんですけど、それに到達するまでが頭悩ませますね。

 

屋号変更の手続き

やっとこさ本題。

新しい屋号が決まり、
「開業届をだした個人事業主の場合、税務署に届け出は必要よね?どうすればいいのかな?」
の疑問がわいたので、ネット検索で調べてみると「必要ない」という情報が。

え!そうなの?本当に必要ないの?鵜呑みにして後でややこしい感じにならない?
なんて心配になったので、実際に税務署に電話してみました。

個人事業主の場合は、個人の名前が重要になってくるので、屋号の届け出は必要ないです。

確定申告する際、屋号を書く欄に新しい名前を書いておいてください。

心配だったら、横に小さく「●月●日、屋号変更」とか書いてくれてもいいですし。

だそうです。本当に必要ありませんでした。あっさり。
会社だと手続きが必要だけど、個人事業主はいらないんですって。知らんかったー!

 

そんなこんなで、屋号は「スギサクの製作」改め、「手芸のスギサク」になります。

キャッチコピーの「手作り品のゆるPR部」を、決めかねているので、一応まだ(仮)の状態ですが、なにとぞよろしくお願いします!

 

2015-04-01 | Posted in リアルのPR方法1 Comment » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー

コメント1件

 憧れのロゴは、六感デザインさんに制作していただきました | iroful手芸研究所 | 2015.10.09 14:56

[…] とはいったものの… 特にこれぞというきっかけはないのですが、ロゴって何だかすごく憧れませんか?Oo。。( ̄¬ ̄*) 制作したものにつける名刺カードだったり、こういったサイトだったり、あらゆるところで自分の屋号を使うわけで。 それに素敵なロゴがつけば、屋号がレベルアップした気持ちになります。 でも、プロの方に頼むのは、敷居が高い気が…。 かといって、自分で作るとなちょこになるのです。 いや、すみません。そもそも作れません。 そんな中、長年、写真撮影やサイト運営などでお世話になっているスギサク先生が屋号を変更されました。 スギサク先生のリンクにとんでいってもらったらわかるのですが、「手芸のスギサク」の文字が昭和のにおいがプンプンして、 へなちょこでとてもかわいいのです。(よい意味でのへなちょこです) その前のロゴもリボン付きで、すごく可愛かったんです。 こうしてますます膨らんでしまったロゴへの憧れと自分の屋号変更やこのサイト立ち上げなどが重なり、我慢爆発スギサク先生に相談してみました。 そこで紹介してくださったのが、六感デザインさんだったのです。 […]