2017-07-05

一番かんたんなブログの書き方で人気者になれる人とは?

菓子パン

一番かんたんなブログの書き方は、小学生の夏休みの宿題、絵日記形式「その日あったことを時系列で綴る」です。

【例】

こんにちは、スギサクです。

今朝は雨の音で目が覚めました。台風の影響で、昨日の夜から降り続いています。

いつもの午前中は、2歳の息子と0歳の娘を連れて外出していますが、この天候では無理です。

あ~あ、何をして遊ぼう… Amazonプライムビデオのアニメ映画を子供にだらだらと観せて、洗濯物を部屋の隅に干していると、小降りになったので、3人で出かけることにしました。

行き先は、近所に最近開店したパン屋です。

物珍しさもあってか、お客さんがひっきりなし出入りしていましたが、なんとか買えました。

家に帰って食べました、美味しかったです。



今日の私の行動です。これが「その日あったことを時系列で綴る」ですね。

誰でもできるし、すでに皆さんやってますよね。だけど人気者になれていませんよね。決めつけてすみません。でもこのタイトルが気になったということは、そういうことだと思います。

時系列の書き方で人気者になれる人、なれない人の違いってなんなんでしょうか?

 

人気者の素質1.素敵な写真やイラストが添えられる人

「その日あった出来事」にステキな写真やイラストが添えられる人は、人気者になれる素質があります。

菓子パン

たとえば、この写真の中で使われている食器にインテリアがとてつもなくあなた好みでオシャレ、と想像してください。

他の部屋はどんなに素敵なんだろう?どこでお買い物しているのかしら?私も同じような雑貨が欲しいわ、普段はどんな生活を送っているのかしら?ブログ管理者の顔が見たい!

など、最終的にその人自身に興味が沸いたりしますよね。

「その日あった出来事」にステキな写真やイラストを徹底して、そう徹底して、徹底してですよ、徹底的に添えられる人は、視覚で瞬間的に「好き!」と思わせることができますから強いです。

ハンドメイド作家であれば、「写真の中に素敵な作品が写っている」も、これに当てはまりますよね。

ということで突然ですが、ここで私の好きなブログを紹介します。

イラストレーターやまもとりえさんの今日のヒヨくんという育児日記です。

やまもとりえさんがアメブロに引っ越す以前のブログから大ファンで読みづづけています。

その日あった出来事を、可愛いイラストの4コマ漫画で楽しく綴り続けるなんて、普通の人には到底出来ません。

だから人気が出ないほうがおかしいですよね。

 

 

人気者の素質2.その日あった出来事自体が面白い人

写真やイラストが下手でも「その日あった出来事」が圧倒的に面白い人は、時系列の書き方で憧れてもらえたり、人気者になれたり、ブログのアクセスを集めることが出来ます。

もうひとつ私の好きなブログを紹介します。

アラサー女子が汚部屋を脱出するまでというブログです。

2年前くらいにたまたま見つけたのですが、想像以上のリアル汚部屋をネット上に自ら晒す精神力に衝撃を受けて、最初から読まずにいられなくなり、2日ほどかけて無我夢中で一気読みした記憶があります。

ブログ管理人であるややこさんの純粋で素直な人柄にも惹かれます。最近は更新が少ないので寂しいです。

そして、ややこさんもブログから派生した本を出版されています。

 

 

このように普段の出来事が圧倒的に面白い、興味を引く内容だと人気者になれます。

例えば、ハンドメイド作家の作品が圧倒的に美しい、面白い、珍しい、他にないものであれば、それだけで注目してしまいますし、製作過程を時系列で綴ってくれた日にゃ食い入って見てしまいますよね。

 

人気者の素質がない人は?

では、上記ひとつも当てはまらない、その日あった出来事は普通、ステキな写真にイラストも添えられない我々庶民は、どうすればいいんでしょうか。

大丈夫です、策はあります。それがこちらです。



「一番かんたんなブログの書き方」というタイトルをつけて、今日あった出来事をサンプル例として挙げ、読者に一番かんたんなブログの書き方をレクチャーする。

もしくは「面白くないブログの書き方」のおもんない例として挙げるです。

有効回数は、1ブログにつき1回限りです。みんながやると飽きられますのでお早めに!



というのは冗談で、この投稿が読み子ちゃんのプロフィール差し上げます、の続編にあたります。

続きはまた今度、さいなら〜〜。

 

2017-07-05 | Posted in ブログ運営のPR方法No Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー