2017-09-20

ネット販売の集客にはブログが必須?「ブログが書きたい、けど書けない」お悩み作家にネタのご提案

パソコンとスギサクと読み子

 

読み子
スギサクさん、いつもお世話になっております。今日はブログついて相談させてください。
スギサク
読み子さん、お待ちしておりました。具体的な相談内容をどうぞ。
読み子
ネット販売の集客にはブログが必須と小耳にはさみました。だけど何を書いていいのか分かりません。私はどうすればよいでしょうか?
スギサク
かしこまりました。そんな読み子さんにピッタリなブログネタを提案させていただきます。

 

「ブログが書きたい、けど書けない」お悩み作家に提案するブログネタ3つ

こんにちは、ゆるPR部長のスギサクです。

ネット販売の集客にはブログが最も効果的、なんて聞いたり聞かなかったり、やっぱりどっかで聞いたような。



SNSだけじゃダメなの?

SNSだけで上手に集客してそうな人もいるぞ?

だったらお前はSNSを有効活用できているのかって?

すみません、出来ていません。

ブログを頑張ってみることにします。



こんな理由で私スギサクは、ブログを頑張っているわけですが。

「ブログが書きたい、けど書けない」場合はどうすればいいんでしょう?この問題は簡単に解決するんですよ。

「ブログが書きたい、けど書けない」というネタで、記事を書けば良いのですね。

そう、「ブログが書きたい、けど書けない」というネタで、記事を書けば良いのです。

本日は以上です。

 





 

で、終わりたいところですが、もうちょっと引き伸ばして書いてみます。

そもそもブログなんて書かなくても、たのしく生きていけます。「書けない」なら書かなくてもいいじゃないですか。なのに「書きたい」願望があって悩んでいるとしたら、なにかしらの目的があるわけで。

目的があるにも関わらず、実行できない原因はどこにあるんでしょうか?

パソコン素材集使い方

「ブログが書きたいけど書けない」は、「仕事に行きたいけど行けない」に似ています。

「学校に行きたいけど行けない」に似ています。「受験会場に行きたいけど行けない」に似ています。「タクシーに乗りたいけど乗れない」に似ています。「洗濯物を干したいけど干せない」に似ています。「ケーキが食べたいけど食べられない」に似ています。「宇宙旅行がしたいけどできない」に似ています。「アリンコになりたいけどなれない」に似ています。

全ての「~したいけど~できない」と同じでして、最初に「~したい」願望や目的があって、「~できない」なんらかの原因があります。

これらは、当たり前だけど、人に聞いて解決することではなくて、自分で考えて答えを見つけるしかないですね。

 

ブログネタ1「ブログが書きたい」理由を書き出す

ブログが書きたい、けど書けない、ネタがない場合、「ブログが書きたい」というテーマで、まず1記事書いてみましょう。

ブログを書きたい理由、なにかありますよね。

ハンドメイド作家なら、集客のため、販売告知するため、作品紹介、世界観、ブランディング、認知してもらいたい、露出したい、ファンに熱望されて、などですかね。

最後の「ファンに熱望されて」は、よいしょしすぎですね、ごめんなさい。

あなたのブログなんて、だれも読んでいませんから、親族ですら真剣に読んでいませんから、ブログが書きたい理由を、思いつくままに書き散らかしましょう。

そうすれば、ブログを書く本来の目的を再確認できるでしょう。

 

ブログネタ2「書けない」原因を書き出す

2記事めは「書けない」原因を、思いつく限りあげれば良いですね。

時間がない、パソコンがない、作品がない、新作がない、写真がない、撮る暇がない、文章が下手で自信がない、書く気が起こらない、などなど。

書き出していると、「うわー集客したいとか言ってるくせに、書く気が起こらず実行に移せていない自分ってダメダメじゃん…」みたいな感じで、情けない己に嫌気がさすかもしれませんが、なにもしないよりマシですよね。

 

ブログネタ3「解決策」書き出しす

3記事めは、自分なりに解決策を出してみましょう。

解決策を出すのは難しいかもしれないですが、もうすでにブログが3記事も書けていますから、ちょっとは解決してますね。

ブログってなんでもネタになるからラッキーですね。

 

スギサク
自分なりに導き出した解決策が、4日目からのブログネタになります。
読み子
糠に釘、のようなアドバイスをありがとうございました。

 

2017-09-20 | Posted in ブログ運営のPR方法No Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー