2017-01-06

使いやすい母子手帳ケースの商品開発に向けて、試作第一弾が完成

母子手帳ケース試作1

使いやすい母子手帳ケースが欲しいのだけど、自分にとっての理想の品が見つからない、ならば自作するしかない。

昨年から案を練っていた私、ここ2日かけて試作品を作ってみました。

ミシンは持っていないし手縫いも無理、ってことで試作第一弾は、本体をクリアファイルで代用し、その上から各パーツに切った折り紙をマスキングテープで留めて作っています。いわゆる工作です。

そして使い勝手を検証したいので、しばらくこれを実際に使うのです。

グッドタイミングなことに、今日が定期検診だったのでさっそく持っていきました。

病院の受付で、このヨレヨレボロボロを出すのは恥ずかしいな……なんて思っていましたが、意外に平気でした。

さて、こちらの試作第一弾、ふたを開けるとこんな感じになっています、縦型収納です。

母子手帳ケース試作1見開き

先日の記事(妊婦検診で必要なモノ)でも書きましたが、産婦人科の検診では「母子健康手帳、検診無料券の綴り、診察券、健康保険証」の4アイテムがまとまっていると受付がスムーズだと個人的に思っているので、ふたを開けてすぐの場所に大きなポケット&カードポケットを設置しました。

ここに母子健康手帳と診察券を収納して今日は使ってきましたが、かなりいい感じ、イメージ通り受付がスムーズに突破できましたので合格です。

「おー!スギサク君ナイス設計!」と自分で自分を褒めました。

がしかし、ここを覆うフタのサイズがいまいち。もう少し大きいほうが良いと感じたので、ちょっくらやり直してきます。

でもって肝心の中身は内緒にしておきます。

というのも今日使ってみて中身こそが良い出来、出木杉君だと感じたのですよ。

既存の母子手帳ケースにないアイデアがひらめいたのでお試しで採用しましたが、偶然にも子供2人分の母子手帳、お薬手帳が鮮やかに収納できてしまってます。

だから完成まで企業秘密にしておきたい。

そう、そのとおりです、ネットで公開して知らぬ誰かに先をこされたくねえ!真似されたくねえ!が本音です。

早いとこ完成させなければ。

 

2017-01-06 | Posted in 自分で作る手芸品No Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

手芸のスギサク特製ワンピース

関連するエントリー