2017-02-08

母子手帳ケースに最適の生地選び~ナイロン素材の「オニベジ」が有力候補

オニベジ生地サンプル帳

理想の母子手帳ケースを自作したいワタクシ。
育児の合間に、スマホ検索で魅力的な生地を発見しまして。

「オニベジ」という名前のなんだか良さげな素材。

なんでも、玉ねぎの皮から抽出したケルセチンがベースとなるオリジナルブレンドの染料が使われているんだそうな。

カラー展開も30種類と豊富だし、やさしい色合いが母子手帳ケースにぴったり!…かもしれないと思い、さっそく生地問屋からサンプルを取り寄せてみました。

で、実際に見て触った感想は、ワタシの理想を超えた理想!もうコレに決定しようかしら。

ナイロン100%の素材なんですが、よくあるツルツルピカピカしたやつじゃなくて、何も言われなければコットンかなと思うナチュラル感なんですよ。

リネンやオーガニックコットンの自然素材を愛するママさん達にも、受け入れられそうな感じ。

帆布っぽい雰囲気もあるんだけど、そこまでゴツくなくて、薄手なのに密度の濃いしっかりした素材です。あと生地自体が軽いのもポイント高い!

母子手帳ケース試作第二弾ストラップ

私は、↑こんな感じで迷彩ストラップをつけて斜めがけしたいので、母子手帳ケース本体は、カーキかキャメルにする予定だったのだけど、ピンクとかグリーンの綺麗な色にも惹かれてきたぞ。

でもって、このオニベジ、アパレルでも幅広く使用されてる素材だそうで、検索するとオシャレな商品がたくさん出てきました。

私はツイッターをブックマーク代わりに使ってて、ネットサーフィン中にオニベジ情報を見つけたらツイートボタンをポチ。

記事やサイトのシェアをしときますので、興味ある方は、リンクをたどって見に行ってみてくださいー。

 

2017-02-08 | Posted in 自分で作る手芸品No Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー