2017-08-12

『具体的』な悩みは『抽象的』な製品で解消されるという法則

マークス刺繍ステッカー

いつでもどこでも一定の条件のもとで成立する、

という意味での『法則』を探すのがワタクシは好きです。『抽象化』とでも言うのでしょうか。

具体的、の反対が、抽象的。

辞書で『抽象的』を引くと、いくつかの事物に共通なものを抜き出して、それを一般化して考えるさま、とあります。

『抽象的』を、このブログ読者に馴染みのある具体例を出して説明するなら。

例えば、アメブロの読者(数字)を増やすにはちょっとしたテクニックがあります。

一番カンタンなのは、相互登録OKブログに登録して、お返しをもらう方法。

もうひとつ、手間がかかる方法ですが、関連性のあるブログに自ら読者登録をして、お返し登録をもらう、というテクニックもあります。

読者が一定数に達したら見直しを行い、興味のなくなったものを、お気に入りブログから削除し、空いた枠に再び読者登録。これを繰り返して読者を増やす方法ですね。

関連:アメブロ読者登録って意味あるの?はかどらないのはメンタルが弱いせいじゃないかもしれない

もうひとつ例え、ツイッターやインスタグラムなどのSNSでも同じような、フォロワー(数字)を増やすテクニックがあります。

一番カンタンなのは、相互フォローアカウントをフォローして、フォローバックをもらう方法。

少し手間がかかる方法としては、自分の投稿に興味ありそうなユーザーにフォローを行いバックをもらう、定期的にフォロワーの見直しを行い、削除、登録を繰り返してフォロワーを増やす、みたいなテクニックがあります。

上記アメブロとSNS、2つの具体例から、共通するものを抜き出して一般化するのが『抽象的』なノウハウ。

抽象的ノウハウが分かっていれば、応用が利きますよね。なので私は『抽象的』な法則を探すのが好き。

以上、抽象的の説明おわり。

それで先日、気がつきました。

こういうノウハウに限らず、私はいつも『具体的』な悩みを解決ささせるために、『抽象的』な製品を探しているなあと。

例えば、黒のvネックワンピースを作ったのには、明確な理由、具体的な悩みがありました。そして完成したのは、アレンジの利く抽象的な服でした。

毎日きても飽きないし、汚れも目立たないし、小物でなんとでもなる。こういう制服みたいな存在の抽象的な服をまた作りたいです。

黒のVネックワンピースが完売しましたより

で、今作っているのが、母子手帳ケース。

これもワンピースと同じように、具体的な悩み、解決させたい事がたくさんあります。

A4プリントを丸ごと収納したい、病院の受付でモタモタしたくない、コンパクトで軽量が良い、凝った装飾は無しでシンプルが良い、エトセトラエトセトラ。

そして私はいつも『具体的』な悩みを解決ささせるために、『抽象的』な製品を探している。

この法則からすると、製作の方向性は母子手帳ケースを意識しつつ、抽象的なら作りを目指すほうが、気にいる可能性大…!

違う方向から考えると、ハンドメイドから『私はいつも具体的な悩みを解決させるために、抽象的な製品を探している』という、自分の取扱説明書を得られてしまったってことだ。ラッキーね〜

 

▼母子手帳ケースの製作過程はコチラから。
母子手帳ケース製作中です

 

2017-08-12 | Posted in 自分で作る手芸品No Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー