2017-08-09

厚手の6号帆布で母子手帳ケースの土台を試作

6号帆布母子手帳ケース試作

大容量でコンパクトな母子手帳ケースが欲しい私。昨日のダメだしに引き続き、今日は、A4プリント類を、丸ごとごっそり収納するための土台作りをしました。

土台に使用したのは、倉敷帆布さんで購入した6号の帆布

IMG_3051

薄手のオニベジを使用した試作品は心もとない気がしたため、今回は真逆の厚手生地でチャレンジです。

IMG_3051-1

内側の四角は、A4クリアファイルを型取り。

なぜなら、病院でもらうプリント類や予防接種の予診票を、折らずに収納したいからです。

IMG_3055

我が町では子が生まれると、こんな冊子状の予防接種予診票が送られてきます。

母子手帳ケースにゴソッと収納できれば、予防接種のたび用紙を探す手間が省けるはずと思っています。

個人的には、家の中で探し物をする時間が一番無駄だと感じてしまいます。分かりやすい場所にしまっておけよ自分!って腹も立ちますしね。イライラしないため、心穏やかに過ごすためにも早くを完成させたい。

IMG_3059-1

ところで、クリアファイルを型取りしただけで、A4プリントの周辺に約7㎜の余裕が出来ていました。7㎜もあればある程度のプリントは収納できるかな?

縫い代+何かしらの予備として、さらに3㎝多めにみてカット。

6号帆布母子手帳ケース試作

さて、カード収納はどうするか。紙の試作とにらめっこしている最中です。

(つづく)

 

▼今までの製作過程は、こちらからご覧ください。
母子手帳ケース製作中です

 

2017-08-09 | Posted in 作家さんとのコラボ作品No Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー