2017-06-08

ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D」について調べてみた

私はただいまカメラ機種の勉強中。

今日はミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D」について調べてみました。昨日調べた「OLYMPUS PEN」と、どう違うのでしょうか。

パンフレットを集めたときは気が付かなかったのですが、家に帰って仕分けしてみると、この「OM-D」という機種、全くイメージの違う冊子が2つありました。

サッカーの本田圭佑さんが表紙の重厚感あるモノと、子供の笑顔アップのライトなモノ、同じ機種を紹介しているパンフレットなのに全然違うなー。

って思い注意してみると子供の背景にサッカーゴールのネットがあるので、そこらへんで共通させているんでしょうか?

真面目に調べると、本田さんのが生産終了した旧モデル(E-M10)で、子供のが新型(E-M10 MarkⅡ)でした。

 

コッチが本田さんので

 

子供のがこっち

 

この「OM-D」という機種には、「一桁シリーズ」と「二桁シリーズ」があるそうで、私がパンフレットをもらってきたのは「E-M10」で二桁のほう。初心者向けのモデルだそうです。Amazonで調べると価格もお手頃です。

ちなみにオリンパスのフラグシップ機(技術の総力を揚げて作った最高級品)が、この一桁シリーズ「E-M1」だそうで、初心者モデルとはいえ「E-M10」は、カメラ本来の機能性の良さが一番のウリなのかなと思いました。

PENは、見た目の良さや自撮りのしやすさ、スマホとの連携などがパンフレットで目立っていましたが、OM-Dの主なアピールポイントは、どれだけ使いやすいかです。

パパにもママにも使いやすい、動き回る子供にもピントが合わせやすいがメインで紹介されています。

中でも、カメラボディ内蔵の手ぶれ補正機構が高性能らしく、水族館や博物館などの薄暗い場所でもフラッシュなしで綺麗に撮れるそうです。

夜、家の中で子供を撮ろうとすると、けっこうブレブレになるので、私も試してみたくなりました。

あとこの機種には、ファインダーも付いてるんですね。

ほか、Wi-Fi機能に、アートフィルターなど、昨日調べたPENにも装備されていましたが、私が感じた違いとしては、主に自分が写りたい人は「PENシリーズ」、撮りたい人は「OM-Dシリーズ」が向いているのかな?という印象を受けました。

パンフレットをざざっとみた個人的な感想だし当てになりませんが、「最近、一眼レフカメラが気になるかも?」という場合の入りやすい入口になっていたら幸いでございます。

てことで、気になる場合はよく調査してみてくださいー。

 

2017-06-08 | Posted in カメラ機器についてNo Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー