2016-05-15

地味なお菓子の研究、第一歩目「老菓子コレクション」

【5/15追記】2016年2月22日に投稿されたブログに追記しています。

おばあちゃんのお菓子セレクト

こんにちは、スギサクです。

先日、「一見するといかにも不人気である地味菓子がなぜ長い間売れ続けているのか?この摩訶不思議を調べたい」と述べた者です。

関連 ロングセラーのお菓子から人気作家になる糸口を探す



関連記事に書いておりますが、私が言う「地味菓子」とは、昔、祖父母の家で出された食の進まないおやつのことでして、これらを総称して老菓子(おかし)と呼ぶことにしました。

そしてこの記事の最後で、皆様の想い出の老菓子を募ったところ、なんと手芸のスギサクFBページには返信しきれないほどのコメントが(4通)、インスタグラムにはハッシュタグ「♯老菓子」の写真が数え切れないほど投稿され(1件)、嬉しい悲鳴を上げております。

皆様から頂いた貴重な情報を無駄にせぬよう、手芸のスギサクが、今後全精力をあげて研究させていただきます!

 

 

甘い系の老菓子(おかし)

というわけで、嬉し涙でキーボードを濡らしながら、頂いた老菓子情報をまとめました。

食べた感想は随時追記していきますので、購入を迷った際は参考にしてくださいね。

では、甘い系からどうぞ!

※あいうえお順、商品の下に紹介者の出身地とイニシャルを入り、和歌山県のS.Sさんは、手芸(S)のスギサク(S)です。

 

あたり前田のクラッカー、クリケット

<広島県>Y.Rさんのオススメ

「あたり前田のクラッカー」は、ナビスコリッツより塩気とバター風味が薄めの味です。「あたり前田のクリケット」は、甘さ控えめ歯ごたえのあるクッキービスケットです。

 

鶯ボール

<和歌山県>S.Sさんのオススメ

お餅をあげたお菓子、少し歯にくっつきます。あまじょっぱい、しっかりした味付けが後を引きます。歯ごたえもありますから、あごの発達を促すお子様のおやつとしてもオススメできます。

 

うめばち奉天

umebati※現在Amazonに商品なし

<大阪府>F.Mさんのオススメ

白い部分が飴、真ん中がかりんとうの、全体的に甘い揚げ菓子です。鶯ボール同様、飴の部分が少々歯にくっつきます。ブラックコーヒーと相性抜群です。

 

黒棒

<岐阜県>F.Sさんのオススメ

柔らかい黒砂糖です。1歳半の息子とはまってしまいました。小さい子供からお年寄りまで、大勢に愛される老菓子ですね。

 

サクサクアーモンド

<和歌山県>S.Sさんのオススメ

とにかく美味しいです。もっと世間の評価高くてもいいと思います。評価低い前提での発言すみません。とにかく美味しいので、食べたことない人ぜひ。

 

 

しょっぱい系の老菓子(おかし)

しょっぱい系の老菓子をお探しの方は、こちらを参考にどうぞ。

揚げそら豆

<和歌山県>S.Sさんのオススメ

かなり塩味濃い目なので、もしかすると「ぜんざい」と合うかもしれません。(豆どうし塩昆布的な)今度実験してみます。高血圧の方は食べ過ぎにご注意ください。

 

ぽんせん

<大阪府>T.Mさんのオススメ

試食の感想:食べていないので未投稿、少々お待ちください。

 

 

飴ちゃん系

飴ちゃん形状の持ち歩き可能な老菓子です。

昆布飴

F.Sさんのオススメ

ねとっとした触感、程よい甘さの飴、飴なのかな?です。
触感を今のお菓子で例えるならハイチュウですかね。
オブラートに包まれています。

 

ハイミックスゼリー

<和歌山県>S.Sさんのオススメ

昆布飴同様、オブラートに包まれています。
全く冷たくない寒天ゼリーです。
とにかく甘い、甘い、甘い・・・私にとっては甘すぎて身震いしてしまいます。

 

ニッキ飴

<大阪府>T.Mさんのオススメ

試食の感想:食べていないので未投稿、少々お待ちください。

 

 

箸休め系

箸休め系の老菓子は、全体的にカロリー低めですね。

茎ワカメ

<和歌山県>S.Sさんのオススメ

コリコリした触感が癖になります。
個人的には、車酔いする方におススメしたい一品です。

 

都昆布

<大阪府>H.Yさんのオススメ

試食の感想:食べていないので未投稿、少々お待ちください。

 

 

まとめ

上記はAmazonのリンクを張っておりますが、ほとんどが大量購入用ですので、お買い求めの際は近所のスーパーをオススメいたします。

仕方ねえ!私も一票投じてやろう!
の優しいお人は、こちらからよろしくお願いいたします!

 

▲チェックした後は「送信」でお願いします!!

 

合わせて読むページ ロングセラーのお菓子から人気作家になる糸口を探す

 

2016-05-15 | Posted in 雑記No Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー