2016-12-17

しまむらの柄物大判マフラーがポイント、寒い日のあったかコーディネート

キャメル色のフードコートコーデ

おとついの大阪は、冷たい気温+強い風のダブルパンチで、寒すぎました。

なのでインスタグラムに投稿中のコーデ画像も、暖かそうな装いをチョイス。

本来ならばこのコーディネートに、ブラウン系のセーターなんぞを着せたいところですが、写真になるとモコモコしてダサかったので、却下しました。

そのかわり、大判マフラーをポイントに。これは10年ほど前に「ファッションセンターしまむら」で購入したもの。

しまむらの楽しみ方は、人それぞれあると思いますが、私は掘り出しモノ探し、宝探し感覚で挑んでいます。

特に、春夏シーズンが楽しいです。

綿や麻素材のシャツやワンピースが豊富で激安だし、ユニクロや無印でもよく見かけるニットジャージ素材のロングスカートなんかも超お得。キッズコーナーでダサ可愛いTシャツを探すのも良いです。(サイズ150だったら着れるから)

秋冬は、アクリル素材のすぐに毛玉が出てきそうなニットの洋服が多くてちょっと残念だから、あったかインナーやタイツ、靴下、帽子などの小物コーナーをグルグル回ります。

今日の大判マフラーも、たしか1,500円くらいでゲットできたと思います。

キャメル色のフードコートコーデ

マフラーの値段で考えても安すぎるのに大判!色柄も良い!買うしかない!と即決した記憶があるのです。

だけどもし、セレクトショップでこのマフラーが15,000円で売られていたとしたら、買っていないです。

激安の聖地で発見した驚きと達成感、「こんなの見つけたぜ」と友に報告した際の悔しがる様子をみて、テンションアゲアゲ状態で買い物するのが、私のしまむらの楽しみ方であります。



ところが購入した数日後、町でまったく同じマフラーをまいた女性を見かけ、いっきに使う気が失せたワテ。

10年も寝かせたから、そろそろ使ってもかぶらないっすよね。

 

Instagram@sugisaku.s
2016-12-17 | Posted in 近ごろのスギサクNo Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー