2017-08-21

いちばん簡単な商品販売の告知方法

機能的な母子手帳ケースが欲しい

このところ、母子手帳ケースのことばかりブログに書いていて、その製作過程「まとめ」ページも作っておりますが。

関連:「機能的な母子手帳ケースが欲しい!」製作過程のまとめ

この製作過程ネタ、実は非常にウケが悪いです。アクセス解析をみれば明白であります。

とくにワテの場合、作家でもないですし、アート的にも技術的にも珍しいものに挑戦しているわけじゃないですから、見ていただけるほど価値の高いものではない、の自覚もあります。

ウケの悪いネタを続けているのには理由がありまして、今のところ、これが一番簡単な販売告知方法だと実感しておるからです。

『売り出す→販売告知』だと、出だしがだいぶ遅くて、販売日に売り出したことさえ知られない。

『売り出す手前→告知』の予告は、私レベルではまだまだ遅くて、周知してもらえないどころか、慌ただしく準備しなければいけない。

この準備とは、商品関係のこと以外、販売ページのために写真を撮ったり文章を書いたりする作業も含まれるわけで、それらを1人で短時間で完璧に揃えるのは無理。となると、何かしらがおろそかになりますよね。

私の場合は、品物自体の準備を完璧にしておかないと、と考えてしまうから、おそらく『予告の回数』が犠牲になると思われます。すなわち『売り出す手前→告知』は遅い。

てことで『売るか売らないか、完成するかしないかさえも確定でない品物の製作過程をつづる』ところから販売告知がスタートになっています。

まずこれの良いところは、売り込み臭の自己嫌悪に陥らないところ。

なんせ何も売っていないから。

次に良いことは、いざ販売ページを作る段階まで来た時、ある程度の写真や文章が用意できてること。

過去の日記から使える画像や言葉を引っ張り出せばいいから時短にもなるのです。

もひとつ良いことは、検索から探し当ててくれる人が、たまにいること。

『自分も同じ悩みがあって、あなたの作る商品のようなものを求めていた、いつ販売ですか?』みたいな問い合わせをもらう時があるので、アクセスが少なかろうが、SNSの反応薄かろうが、書き続ける価値はあるなあと。

SEOに関して無知、私のような弱小サイトでも、こんなラッキーチャンスがあるので、もっと上手に運営できたら、最高の販売告知になりそうな気がしておりまして、本日はその旨をシェアした次第です。

いつ完成するか分かりませんけど、使いやすくてオシャレな母子手帳ケース完成を目指して製作中の以下も、よろすくお願い致します。

母子手帳ケース製作中です

 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー