2016-07-23

申し込みページ作成の基本を、癒しの残念例「ハンドメイド・ブランディングセミナー」から学ぶ

記入

大阪にお住いの皆様こんにちは、ハンドメイドで一旗あげたい女性を応援したがるサイトの運営者、スギサクでございます。

今日はハンドメイドセミナーのお知らせです。

昨今ではコンサル、セミナー、サロンなどが種類豊富にあり選びたい放題ですから、「またか、そんなの珍しくないよ」と、お腹いっぱいでゲップしている人もいるかもしれませんね。

そうなんです、今からお知らせするセミナー情報に目新しさはありません。

大阪府商工会連合会が主催する、ハンドメイド作家さんを対象とした極めて真面目なセミナーでして、今年で5回目。昨年まで「ハンドメイド創業塾」という名前でしたが、今年から「ハンドメイド・ブランディングセミナー」としてリニューアルされたそうです。

実は私も写真部門の講師として過去3回勤めさせていただき、今年もお声がけいただいたのですが、日程が合わずやむなく辞退となりました。

それで、せめて告知のお手伝いをと思い、張り切って商工会連合会のホームページを開いてみたところ、申し込みの難易度が高すぎる気がしたんですね。

「私が告知のお手伝いをしたところで、ネットからちゃんと申し込める人がいるのかしら…」

ここ3日ほど心配で心配で眠れないので、その点を重点的にフォローしてから安らかな眠りにつきたいと思います。



と、このように書きますと、セミナーに興味ない人がブログから離脱されるはず。

ちょいとお待ちください。

申し込みページの残念例って見たくないですか?

「げげ、私の申し込みページも残念例になってないかしら!?」と不安になった人に、「これから作品販売ページを作るぞ!」と意気込んでいる人なら、残念例は反面教師になると思うんですよね。

また特に見ていただきたいのは「最近あちこちで見かける稼ぐ系セミナーの勢いに気後れしちゃって…」とお疲れ気味の人。突っ込みどころ満載のゆるゆる申し込みページは、癒しになること間違いなし。「うふふ、こんなセミナー告知ページもあるんだ~」と思わず笑みがこぼれてしまいます。

セミナーに興味ある人もない人も、引き続きご覧いただけたら嬉しいです。



その前に、申し込みページの基本を説明しておかないと、大阪府商工会連合会のハンドメイドセミナー申し込み欄が、いかにゆるゆるで、突っ込みどころ満載なのか伝わりにくいですよね。

私も詳しいほうではありませんが、申し込みフォームなんかを作成するときは、読者目線を意識して何度も読み返し書き直していますので、少しは分かると自負しております。頑張って解説しますので、よろしくお願い致します。

 

ホームページの「お申込み欄」は、お客様にストレスをかけないことが基本

私は常々「お店のレジ」=「ホームページの申し込み欄」と考えると、スムーズな案内ができるのではないかなと考えています。

例えば、レジの場所が分かりづらいと、お客さんは商品をもったまま店内をさまようことになります。これをホームページに置き換えますと、申し込み先が分かりづらい場合、読者はサイト上をさまよう、ということになりますよね。

また、気になる商品について尋ねたいのに、レジ係が不在で質問できず購入をあきらめることもあります。HPも同じで、セミナー情報について尋ねたいことがあっても、問い合わせ先が見つからないと疑問は解決されず、申し込む気力をなくします。

いやいやレジにはちゃんと人がいるんですよ、明るくて感じの良い人です。でもレジ本体が壊れていて会計待ちの客がイライラしながら列をなしています。同じようなお店が近くにあるならソッチに移動しますね。HPもまた然り、デザインよし、申し込みフォームあり、ところがどっこい肝心要のフォームに不具合があり!となると当然ながら申し込めません。

「お客さま~すみませんでした、レジが直りました!」会計できると思いきや、レジで会員登録しろやら、住所氏名電話番号を書けやら、アンケートに答えてくれやら言われたら、うっとおしくてたまりませんね。HPも(略)



ということで簡単ではありますが、ホームページ上の「お申し込み欄」は、お客様にストレスをかけないことが最低限必要ということが分かると思います。(申し込みを意図的に制限している場合はこれに当てはまりませんが)

以上を念頭に置いたうえで、以下をお楽しみください。

 

大阪ハンドメイド・ブランディングセミナーの申し込み方法

それではみなさん「大阪府商工会連合会・地域貢献型企業経営サポートセンター」のサイト、トップページにアクセスしてみましょう。

開いてすぐのニュース欄に「ハンドメイド・ブランディングセミナー」の告知があります。

ハンドメイド創業塾2016

専用の告知ページはないみたいです。サイト上をあちこち探しましたが見つけることができませんでした。どうやらここから申し込みをしないといけないようです。

お値段・日程・時間も気になりますが、まずセミナー内容を確認したいですよね。

どんな先生からどんな情報を学べるのか、参加するだけのメリットはあるのか?それらの重要な情報は、すべてこちらの小さなチラシ画像に凝縮されています。さっそくクリックしてみましょう。

ハンドメイド創業塾2016チラシ1

チラシ画像をクリックすると、同じウインドウで大きく表示されます。読み終わりましたら、同じウインドウで開いてますので、タブは閉じずに「戻る」ボタンでトップページに帰ってきてください。

戻るボタンで戻る

お次は、右のチラシ画像をクリックです。また同じウインドウで大きく表示されますよ。

ハンドメイド創業塾2016チラシ2

チラシ右には先生の情報やお話しする内容が、ぎっしりと書かれています。

文字が小さくて余白も少ないから読みづらい…と涙がでた人、安心してください。拡大したチラシ画像の上に出てくる(+)マークをクリックすれば大きくなりますよ。

スマホの人は、画面の上に人差し指と中指を揃えて当てて、じわっと指を開くと拡大します。(あれ?みんなスマホの画像拡大方法しってたの?)

参加申込書

さて、こちらのチラシの一番下には「参加申し込みフォーム」もついていますね。印刷した紙に記入してファックス送信すれば申し込みができるみたいです。ちょっとめんどくさい気もしますが、やってみます。

プリント失敗

・・・すみません、失敗してしまいました。

A4用紙の隅っこに小さく印字されてしまいました。

もしかしてチラシ画像を拡大してからプリントアウトしたほうがよかったのかも。再度チャレンジしてみます。

印刷成功

良かった、今度は成功しました。

セミナーに参加したい場合は、少し面倒ですがチラシ画像を拡大したうえでプリントアウトし、必要事項を記入してファックス送信すればいいですね。

ファックスがない人は・・

電話で申し込み

大丈夫!直接電話で申し込めます、電話がラクちんでしたね、早く気が付けばよかったです。

電話は緊張するしファックスも面倒、もしくは無い人は、メールで申し込みできるみたいですよ。ちなみにチラシ画像のメールアドレスは、リンクっぽくなっていますがクリックできません

そういえばトップページにメールアドレスが記載されていた気がします、確認してみましょう。

おっとチラシ画像は同じウインドウで開いているので、「戻る」ボタンでまたトップページに戻りまして・・・てか新しいウインドウで開いてくれても良かったのにな~。

戻るボタン

申し込み用メールアドレス、トップページに記載されていました、こちらからメールを送りましょう。

メールアドレスクリック

・・・と、あれ?おかしいな?私もパソコンが悪いのかな?

「こちらをクリックしてください」と書かれている箇所をクリックしますが、フォームが立ち上がりません。

何度クリックしてもメールフォームなど立ち上がらなかったので(ほかのパソコンからは立ち上がるかもしれません)、iPhoneから商工会連合会のホームページをのぞいてみることにしました。



iPhoneからだとメールフォームが立ち上がりました!やはり私もパソコンが変だったのです、すみません。

とはいえども、無料でフォームが作成できるサイトなんかもあるんだし、それとか利用してくれたらこんなに手間取らなかったのにぃーと愚痴りたくなった私は、便利なネットの世界に依存しすぎていますね。

ところでメールで申し込む時って、何を記入すればいいんでしょう?

トップページには何も書かれていないので、またまたチラシ画像を確認してみます。

メールで申し込み記入

ありましたありました!

「メールでお申込の場合は、下記参加申込書の内容を記載しメールください」と書いてくれていました。一文の中に「メール」が二回あるので間違いありません。

  1. 氏名(ふりがな)
  2. 年齢
  3. 性別
  4. 住所
  5. 固定電話または携帯電話

この5項目を記入して送信するんですね。

チラシには書かれていませんが、件名に「ハンドメイド・ブランディングセミナー申し込み」といれておいたほうが良さそうですね。

いやはや、あっちこっち行ったり来たりずいぶん手間取ってしまいましたが、これでなんとか申し込みできそうです。

メール送信

そういえば、送信後は自動返信メールか受理メールをいただけるのでしょうか?その件について何も書かれていないので、初めてセミナーに申し込む人は少し心配ですね。

そんでもって参加費は、事前に振り込まなくていいんでしょうか?何も書かれていないので、当日もっていけば大丈夫ですかね。

ところで、この内容のセミナー料金が3日で3000円とは激安すぎます。1日1000円だもの。

いや千円だろうが一万円だろうが10万円だろうが、安いか高いかは受ける本人次第ですかね。

ワテが過去3回講師を務めた経験からなので今年は分かりませんが、全3日受講しなくてもいいみたいだったし、当日いきなり参加表明オッケーな場合もありました。

ハンドメイド・ブランディングセミナーに興味が出た方、参加してみてはいかがでしょうか。

ハンドメイド・ブランディングセミナーの申し込み先「大阪府商工会連合会・地域貢献型企業経営サポートセンター」のホームページはこちら

 

2016-07-23 | Posted in ブログ運営のPR方法No Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー