2017-05-08

ハンドメイド服の販売準備~050番号を取得する「LaLaCall(ララコール)編」

服販売洗濯ネーム表示必須項目

ワンピースの販売準備を進めているとき、「ハンドメイド服を不特定多数に向けて売る場合、販売元が個人であっても「洗濯タグ」を作って縫い付ける義務がありますよ。」という情報を入手して焦ったことがあります。

その時の記事 → ハンドメイド服の販売準備~洗濯ネームに表示しなければいけない必須項目とは?

この記事を読んだ読者さんから、「自分もハンドメイドの服販売をしたいと思ってるんですが、洗濯表示の名称は、本名を表示されているんですか?IP電話番号の取得にはどのような手続きや費用がかかるんですか?」というような内容の質問が届きました。

洗濯表示の名称については、私の場合、本名を書いています。

これについての詳しくは、前出の記事に書きましたので、お手数ですがもう一度読んでいただきますようお願い申し上げます。それでもわからん時は、消費者庁に直接問い合わせてくだされ。

私の自力調べは以下にもありますので、よかったらこちらもどうぞ。

 

で、今回はIP電話番号の取得について書いときますね。

まずIP電話って何?なんですけど、これはインターネットを経由して通話する電話のことで、050から始まる電話番号は、このIP電話なのですね。(ちなみにIPとはインターネットプロトコルという言葉の略だそうです)

この050番号は、大手の企業や役所なども問い合わせ窓口などとして利用しており、怪しいものではございません。

私も洗濯タグに、050番号を連絡先として表示しているので、質問主さんは「それってどうやって取得したの?」と疑問に思われたのでしょう。

これは個人でも簡単に取得できるんです。

って偉そうに語るほどでもなく、私の場合「LaLaCall」という050の通話アプリを利用しただけなんですよ。

その前になんですけど、洗濯タグには電話番号は必須ではありません。連絡先は、住所か電話番号のどちらか(両方でも良い)を表示ってことなので、私は電話番号を選択しているだけでして、これについても前出の記事に書いていますのでよろしくお願いします。

ということで、LaLaCallララコールのサイトはコチラです。

費用は、月額の利用料金100円+通話料金。

通話料金は、普通の電話と同じで、向こうからかかってきたのを取るのはタダだし、無駄に使わなければ何千円何万円とかかることはありません。

仕事の連絡手段はメール、電話はほとんど使わないって人であれば、数百円もかからないと思います。

私の場合は、自宅の固定電話をeo光で契約してまして、これ経由だと100円分の通話が無料になるのですね。なので月額の利用料金は実質タダみたいな感じになっています。

格安スマホのmineoを利用している人も、これと同じで100円分の通話がタダ。

ララコールの登録方法は、自分のスマホにアプリをダウンロードして、サイトを見ながら、もしくは直接電話で教えてもらいながらやれば30分くらいで完了、すぐに利用できますよ。

もちろん他の050通話アプリを探すのもアリでございます。

ってとこまで書いて、子供が昼寝から起きました。これはブログを書く時間終了をお知らせしています。また後日画像など追加したりして、もうちょっとマシな解説に直しておきますね。

今日はこれにてすんずれいさせていただきます。

 

続編:「洗濯表示タグ」を縫い付ける位置は左?右?

 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

手芸のスギサク特製ワンピース

関連するエントリー