2017-06-19

無料で情報を聞き出そうとしてくるクソバカ野郎の撃退法について考えた結果

白猫タロ

「●●●について教えてください。」

ごくたまにですが、ワテのような弱小サイトにも、見ず知らずの人からこのような質問メールが届くことがあります。

教えを請うている立場であるにもかかわらず、上から目線というかぶっきらぼうというか、質問も漠然としすぎて意味不明、なんて返事を書いたらいいのやら……

ってオイオイコラコラ、なんでワシが悩まなあかんのや、せめてもうちょいマシな文章書いてよこせよ、とツッコむことがあるんですけども。

ハンドメイド作家さんも、こういう経験あるのではないでしょうか。「●●の仕入れ先教えてください」とか「●●ってどうやって作ってるんですか?」とか。

お前誰や、なんでワシがタダで教えなあかんのやバーカ!みたいな。

もしオブラート無しで本当にこういう返事を送ったなら、相当ムカつかれるでしょうね。

または「こ、怖い、普段は乱暴な言葉使いなんですね。傷つきました。ブログとイメージ違うんだ…もっと優しそうな人だと思ってました。同業者同士、手と手を取り教えあう、質問するってそんなに悪いことですか?」

みたいな被害者面した返事が来たら、さらに気分が悪いと思います。

知らんがな「教えあう」ってお前に教え「あえる」情報はあるのかよ?ワシがいつお前の世話になったよ?ってツッコむでしょうね。

私自身、実際にこういう返事を送ったことも、繊細面したチンピラにも出会ったことはないですが、もしこんな面倒くさいやり取りになったらイヤだな~落ち込むだろうな~~と想像して胃が痛くなります。

嫌われたくない、良い人と思われたい、ではないですが、知らない人から突如送られてきたメールに「知らんがなggrks」と返す、お互い気分が悪い1日を過ごす、みたいな精神的ダメージの大きいことは、わざわざしたくありません。

でも、まともに返事を書くのは正直面倒くさいですし、私もそんなに暇じゃありません。

丁寧な返事を送ったがために、調子に乗った相手が質問メールを次々に送ってくる、なんてことがあるとこれまた邪魔くさそうです。

素早く穏便にことを終わらせるためには。



「起こってもいない事態に対して不安を抱く」、これこそまさに暇人の特徴なんですが、いま撃退法を考えています。

そう、考え中なのでまだ答えが出ていません、すみません。

コンサル先生方のブログで勉強していますと、「プロにタダで教えてくれっていうのは失礼ですよ。」「それって相手の時間を奪う行為ですよ。」「相当ムカつかれてますよ。」みたいなことがよく書かれています。

うんうん分かるわぁ~。ムカつくまではないけど面倒だわあ〜。検索した方が早く解決するやんけって思うわあ〜。

あれれ?ということは?

不躾な質問メールに困っていますとブログ記事で先制パンチすること自体が抑制になるのかも。ちょっと汚い言葉で煽っておけばさらに注目してもらいやすいはず、ウッシッシ。



と、ここまで考えて、はたと気が付きました。

ワテって「プロ」じゃなかった。

なにかのプロになりたいわあ、と模索している段階のただのスギサクでありました。

ワテの場合、なんらかのプロになることが先でした。

特にワードプレス関連の記事なんて「あやふやサイト製作講座」という卑怯な名前を付けていました。

えらそうな日記をあげてすみませんでした。

質問が来た際にはできる限り丁寧にブログで回答させていただく所存でありますので、見ず知らずの読者さま、質問メールをお送りの際は、たのむからもうちょっとだけ具体的に書いてくれよ。

 

関連:ありがとうと言われたい、見返りを求めてしまう心理状態とは?

 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー