2016-12-26

アパレル商品を自宅でキレイに保管したい~在庫が少ないハンドメイド服販売の場合

販売用の服を自宅保管

最近ハンドメイド服の販売をはじめたワタクシは、在庫の収納方法について考えています。

といっても現在の在庫はワンピース1着なので、特別なスペースは必要ないのですが、売り物を自宅で保管することになるので、自分の服とは隔離した状態にしたいなと。

むかし洋服販売の仕事をしていた時、「ストックがあるなら新しいのが欲しい。」とおっしゃるお客様がいたので、保管方法が気になる人もいるのではないかなと思っています。

我が家には、ペットや煙草を吸う人もいないし、私自身アロマや香水をつけることもないのですが、自分ではまったく気が付かない「家特有のニオイ」ってのがあると思うのですね。

それが気づかぬうちに付くことがあるかもしれないし、普段自分が着る服にはホコリも付くから、保管についてはすこし過敏なくらい気にしておいて丁度いいかもしれないなと、現在ムシューダの防虫カバーの中で保管しています。

 

 

これは自分の冠婚葬祭用の服を保管するのにも使ってて良かったので、もう一つ購入したのですね。

防虫剤も付属されてるんですけど使用せず、ただの乾燥材を一緒にぶらさげています。

防虫剤については無知すぎたので、これを機に調べてみると、有臭・無臭タイプがあるそうで。

ムシューダに付属されているのは、ピレスロイド系の「エンペントリン」という成分のモノで無臭。

それなら良いじゃんと思いきや、「殺虫剤にも使われている成分だから使いたくない。」「いやいや正しく使えば人体に害はないデータが出てますよ。」なんてご意見も目にしまして、調べれば調べるほどわけわかめに状態になっちゃったので、無知の間は使わないことにしました。ちょっくら勉強してきます。

クリーニング店でつけてくれるビニールカバーみたいな1着ずつ覆うタイプにしようかなとも一瞬考えたのですが、そういや、ビニールカバーは洋服を保存するための物じゃないよ。

湿気がこもりやすくて、付けたまま保管してるとカビ発生の原因になるよ、クリーニングから返ってきたらすぐに取ったほうが良いよ。

って、前にテレビで観たことがありまして、そしたらムシューダのパッケージにもそのことが書かれていました。

それに下からホコリが入りそうってことで却下。

とにかく、洋服を清潔に安全に美しく保管するには「日光に当てず、湿気のこもらない場所で、通気よく、八分収納を心がける」が基本とのこと。

ファスナーで全部覆えるこのカバーだったら、ホコリも入らず通気性も良し、私物でもずっと使ってて問題なかったのでよろしいかと思ってますが、諸先輩方はどのようにされていますでしょうか。

おすすめがありましたら是非教えてくださいー。

 

 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー