2016-06-01

『地味女子会レポート』地味菓子研究からフリーペーパー製作へ発展した話

地味女子会参加メンバー全員

こんにちは、スギサクです。
先週5月24日の火曜日、手芸のスギサクが主宰する『地味女子会』第一回が行われました。

最初に断らせていただきますが『地味女子会』は、地味で目立たない女子が互いの傷口を舐めあう悲しい集会ではありません。

一見するといかにも人気なさげな地味菓子が、なぜ長い間売れ続けているのか?この摩訶不思議を参加者全員で調べ上げ意見しあい、自分の作品販売に生かしたり、あやかったりしようという非常に有意義な集まり、それが『地味女子会』です。



が、建前のコンセプトでして、本当は「ロングセラーのお菓子から人気者になる糸口を探す!」と声高らかにブログで宣言した私が、研究に行き詰ったため、聡明な読者さまのお知恵を拝借する、アドバイスをいただく趣旨の会でした。

ほら、最近ハンドメイド作家さんの間でも『起業女子のお悩み相談会』や『お茶会コンサル』などが流行していますよね。

通常は会の主宰者がアドバイザーで、参加者がアドバイスを受ける側ですが、『地味女子会』はその逆です。主宰者である私がアドバイスを受ける側、参加者がアドバイザーなのです。

相談者である私1人に対しアドバイザーが7人、このようなスペシャルな会を経費5000円未満で成立させることが出来ました。

 

 

地味なお菓子についてのアドバイス

そんな地味女子会の参加者、もといアドバイザー7名から頂いた地味菓子(以下、老菓子)についてのご意見まとめです。

※お手数ですがコチラも合わせて読んでいただけると、会話の内容がより理解できるかと思われます。≫5/24(火)地味なお菓子を研究する「地味女子会」が開催されます

 

スギサク
皆さま、今日はよろしくお願いします。早速ですが、スナック菓子のパッケージには写真やイラストがふんだん使われているのに対し、老菓子のほとんどは透明のパッケージで食品が見えています。この意図はなんなんでしょうか? 

 

アドバイザ
中身が見えないアルミ包装については、ポテチなど油菓子の酸化を防ぐために企業が途中で一斉に変えたのを覚えてます。昔はポテチも中身がみえる透明の包装でした。透明である理由は、酸化による品質の劣化が少ないものかもしれませんし、砂糖が多いと保存にいいとか他にも理由があるかもしれませんね。 

 

スギサク
そんな理由があったのですか!知らなかったです。たしかに老菓子の賞味期限は短いです。 

 

アドバイザ
その件に関連する情報があります。老菓子の成分を調べてみると、体に優しいと思いきや実はそこまで優しくないことが判明しました。意外なことに栄養成分的にはスナック菓子より塩分が多いのですよ。 

 

スギサク
ええっそうなんですか?でもそういわれると老菓子は甘じょっぱいモノが多いです! 

 

アドバイザ
ですが老菓子は後を引かないので食べ過ぎませんよね。スナック菓子は沢山食べてしまうので、体内に入る栄養成分的にはどうなんでしょう?ここは厳密に調べないと分からないですね。 

 

スギサク
みなさん賢いですね。 

 

アドバイザ
あとはやはり、広告費などの経費を抑えているのではないでしょうか。テレビCMは見かけませんが、ラジオだと時々宣伝されていることがありますよ。すでに周知されていますし、そこまでお金をかけなくても良いのかもしれませんね。

 

スギサク
…そういや、おじいちゃん行きつけの理容室、おばあちゃん御用達の美容院ではBGMにラジオが流れている。ターゲット層の行動を把握してのPR活動なの…? 

 

アドバイザ
ところで今日みなさんが持参されている飲み物は「お茶」ですね。コーヒーでもなく紅茶でもなく水でもなく「お茶」。やっぱり老菓子にはお茶が合うってことですかね~。 

 

地味女子会の飲み物はお茶

 

スギサク
話は変わって皆さま。私は今後、この老菓子に特化したフリーペーパーを製作するつもりなのですが、何から始めればいいでしょうか? 

 

アドバイザ
では、この老菓子の中から1つ選んで特集していくのはどうですか? 

 

アドバイザ
となると知名度から「乳ボーロ」が最適ではないでしょうか? 

 

スギサク
私の町では「たまごボーロ」と呼んでいましたよ。 

 

アドバイザ
私の地域では「衛生ボーロ」と呼ばれていました! 

 

アドバイザ
じゃあ「あなたの街の呼び名アンケート」とか楽しいかもしれませんね! 

 

乳ボーロ

 

フリーペーパー製作に向けてのアドバイス

このような流れで、フリーペーパー老菓子読本(仮)創刊号の特集は、卵ボーロに決定しました。

以下、頂いたアイデア・アドバイスのまとめです。

1)手芸のスギサクは「手芸好きを応援したがるサイト」なので、老菓子とハンドメイドを絡めることが必須

2)たまごボーロの呼び名が地域で違うっぽいので、アンケートを募ってみると良いかも。

3)「ロングセラーの秘訣を探る」がコンセプトでもあるので、ボーロ年表を作ってみる。

4)ボーロを手作りしてみるってのはどう?(クックパッドにレシピがあった)

5)作ったボーロを可愛くラッピング

6)疑問点やフリーペーパー掲載の確認をメーカーに問い合わせてみる

7)ハンドメイドでボーロをどこまで再現できるか対決とか?

8)レジンでコーティング、腐るかどうか実験・観察

9)たまごボーロに関連した作品を製作する

10)フリーペーパーの製作資金は、クラウドファンディングを利用するのもアリ!

他にも山盛りのアイデアをいただきましたが、ブログでは書ききれないので内緒の話にしておきます。

忙しい合間をぬって、交通費実費で参加してくださった皆様には感謝しかございません。

頂いたアイデアを無駄にせぬようさっそく取り掛かります!ありがとうございました~!

 

地味女子会参加メンバー

第一回地味女子会メンバー

第一回・地味女子会の参加メンバー、もとい、アドバイザーの皆さまのWebサイトです。

傘リメイク雑貨のお店 Casa de Paraguas

京のミツハ

YuriRuri・ユリルリ

Hibishirt・ヒビシャツ

ビーズ刺繍ジュエリー通信講座・講師認定講座

みやの宝箱

Little Luck*

からいも

京のミツハさんから、お土産にいただいた地元の老菓子。からいも飴!大好きだったことを思い出しました。

Tammyさんもブログに書かれていましたが、「本当にうまいものは素朴で気取っていない」、確かにそうかもしれないですね。

手芸のスギサクも老菓子にあやかり、素朴で気取っていないサイトを目指すことにします。





でですね、わたくし最後にもう一つやらないといけないことがあるんです。

地味女子会の企画を立てたとき「ドタキャンの人は卒業アルバムの欠席者式に掲載させていただきます」と約束していたのですね。

↓こういう写真のことなんですけども。

キャンセルありの女子会レポート写真

そのドタキャン野郎と言いますか、ドタキャン前提の冷やかし参加表明者がなんと11名もいらっしゃいまして、そちらの方々の画像処理に困り果てておりました。

ですが無事、最適の場所を発見することが出来ました。

ドタキャンの方々に関しましては、Facebookからお借りしたプロフィール画像を、指定席に掲載させていただいております、各自お探しくださいませ。

それでは次回の『地味女子・卵ボーロの研究会』でお会いしましょう。

地味女子会参加メンバー全員

 

2016-06-01 | Posted in 雑記No Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー