2017-07-27

お葬式のマナーとかあれこれ覚書

礼服

2017年7月27日(木)午前7頃、私の祖母が亡くなる。

喪服、黒い靴、ストッキング、数珠、鞄、袱紗、香典袋を準備。

若いときはお葬式のマナーを知らなくても、なんとなく許してもらえる雰囲気がありましたが、40で知らないのは恥ずかしいですね。

こういう時ネット検索って本当にありがたいなあと思います。

えーとえーと… と、いちいち調べながら準備中。この機会にちゃんと覚えなければ。

そんなわけで、こちらの記事の続きは少し遅れます。

28日(金)私、息子、娘の3人が電車で実家へ。昼過ぎに到着。

駅から葬儀場へ直行、16時の納棺まで、親戚に挨拶したり祖母の顔を見たり。死化粧が美しい。

18時から通夜。家族葬だったためか?20分ほどで終わる。そのまま葬儀屋の控え室で着替えして皆で夕食。お寿司、中華の出前が届く。食べ終わったあとは実家に帰宅。

 29日(土)9時10分に出棺の為、8時50分に葬儀屋に集合。祖母と最後のお別れ、贈り物を棺桶に入れ花を飾る。霊柩車に遺体を載せる。

火葬場に向かう霊柩車と親族を載せたハイエースバスを、私は眠ってしまった0歳娘っ子と葬儀屋で留守番のため見送る。

霊柩車のファー!というクラクションと同時に、バシャーン!の破裂音。音の方向に目をやると、葬儀屋の社員が祖母の茶碗を割っていた。

10時過ぎに、火葬場から皆が帰宅。早々に昼ごはんのお弁当を食べる。お菓子やケーキ、コーヒーなどの差し入れなど頂き、お腹いっぱい。2歳息子はここぞとばかりに、甘いものしか食べない。

11時半ごろ、骨上げの為、再び火葬場へ。母に娘っ子を預け、今度は私も皆と一緒に向かう。

13時半からの告別式は、30分ほどで終了。10分の休憩を挟み、49日法要を行う。遠方の親族が多い場合は、こうして1日で済ませることも珍しくないらしい。

その後、お墓に行き納骨。

16時前に全儀式終了、解散。

…しようとしたところ、妹が、祖母のタンスから家族のみんな宛の手紙を見つける。

あっさりした感謝がちょっとだけ綴られた内容が祖母らしい。

茶粥と漬物、七輪で焼いたススだらけのサンマ、衣だらけのカチカチの天ぷら、フライパンで煎ってくれたお茶はもう無いのだと思うと泣ける。

Instagram@sugisaku.s
2017-07-27 | Posted in 近ごろのスギサクNo Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー