2016-11-12

ハンドメイド服、作品第一号を「ストレートラインのワンピース」にした理由

ママコーデ公園

こんにちは、スギサクです。

ノーメイクの日は眼鏡でごまかすのが便利と思ってかけていますが、夫に「おばあちゃんみたいやで?」と指摘されるので気にしていました。

気にしつつも「おばあちゃんのファッションに憧れてるからいいんだよ」なんて強気な姿勢でおったのですが、この写真で確認すると完全に「おじさん」です。

夫の「おばあちゃん例え」は優しさであった…と本日理解した私であります。



と、このようなエピソードを披露しなくとも写真を見て分かる通り、私スギサク39歳は女性らしさが控えめです。

その原因のひとつは髪型にあると思います。

ヘアアレンジが苦手なこともありますが、髪の毛が顔にくっつくのが我慢ならないので、常に前髪をあげてヘアバンドでまとめた状態にしています。

なので「髪の毛の印象がない」とか「ショートカットだと思っていた」と言われることが多いです。

髪は女の命とはよく言うたもんです。メイクをしていない若さを失った顔周りに「毛」がないと、こんなにも女性らしさが欠けてしまうのですね。

私の場合、日ごろの出掛け先は近所のスーパーと公園ぐらいですし、小さい子供がいる横でメイクしていると、道具をおもちゃにされるので、当分このままになりそうです。

ママコーデ公園

さて。

この写真で着ている黒いワンピースは、連日宣伝していますとおり「手芸のスギサク」が製作した作品第一号です。

ストレートラインの普通の服でして、自分がデザインしたなんて発言するのは全くおこがましいですが、それでも沢山のこだわりが詰まっています。

今日はストレートライン(Iライン)にした理由を語らせてください。

まずコチラの写真をご覧ください、画像編集ソフトで色を塗って「フレアースカート」にしてみました。

フレアースカートバージョン

いかがでしょうか。

おじさんみたいな顔面×女性らしいフレアーが、ちぐはぐで変じゃないですか?

ノーメイクで過ごす私でもすんなり違和感なく着られる服が欲しかった・・・これがストレートラインにしている理由でございます。

それしきのことかい!と思う人がいるかもしれませんが、ちょっとでもオシャレしたい女性にとって、IラインかAラインかは重要な選択肢になると思います。

私のように意図せずボーイッシュになっている主婦のみなさま。ワンピースの存在だけでも覚えて帰っていただけたらこの上なく嬉しいです。

ワンピースの販売は11月末を予定しています、なにとぞよろしくお願いいたします!

 

毎日少しずつコンテンツを追加中。
クリッククリック↓
黒のシンプルVネックワンピース

 

Instagram@sugisaku.s
2016-11-12 | Posted in 近ごろのスギサクNo Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

手芸のスギサク特製ワンピース

関連するエントリー