2017-04-17

自分の写真に飽きた時の対処法

スカーフ3枚

先日の「自分の写真があまり好きではない」と告白した投稿を読み返していると、どうにも違和感があり、改めて考え直していたら「好きではない」んじゃなくて「自分の写真に飽きている」んだと気が付きました。

自分の伝えたいことは明らかだし、それを写真におさめようとして、それなりには撮れていると思うのだけど、新鮮味がない面白みを感じない。そうだ飽きているのだ。打破する方法は、ふだん選ばない撮り方に挑戦することだ。

が分かったので、バイブルである構図本をパラパラ。

 

 

(↑)P108のお手本写真を真似ることにしました。

「ものの配置のおもしろさは緻密な空間配分がポイント」というセクションなのだけれど、掲載されているお手本写真に面白みを感じたことがなくて、だから解説の意味も理解できなくて、読み返すたび、どこがどうおもしろいのだろう?? 頭上に大きなクエスチョンマークが浮かんでいたページです。

よし今がチャレンジ時!

で、お手本の完コピは出来なかったのだけど、空間配分を意識して撮った写真がこれです。

スカーフ3枚



「この写真の何が面白いんだ?」おそらく読者のほとんどはこう感じるはず。

もう一枚、空間配分を意識した写真。

黒ワンピースと赤スカーフ



「ごめん、どこがどう面白いの?」再度首を傾げられるでしょう。自慢じゃないけど私自身もそう思ってるんですよ!

だけど実践したことによって、「ものの配置のおもしろさは緻密な空間配分がポイント」の意味が、わずかに感覚的に理解できた気がします。

だからといって、そのわずかな理解を言語化できるほどわかっちゃいません。

IMG_6336

たぶん、こういう狙い方より

スカーフ3枚

こっちの切り取り方のがおもしろみがある、みたいな、的な、らしい、っぽい、そんな感じ?が現時点で理解レベルです。

それに、いつもの写真と違うので私と馴染んでいないことも、面白みを感じない理由のひとつだと思います。

スーツに着られていた新社会人が、いつの間にかサラリと着こなし颯爽と出勤するように、いつか私も空間配分を華麗に切り撮りこなしている、そう信じてがむばります。

 

 

2017-04-17 | Posted in 撮り方についてNo Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー