2017-05-17

キットレンズの良いところ

デジタル一眼レフカメラキットレンズcanon

ちょっといいカメラが欲しい、デジタル一眼レフカメラに緒戦してみようかな。

って思ったら、ネット検索で調べたり、パンフレットをもらったり、物知りな身内に聞いたりして、自分なりにあれこれ探しますよね。

やっとの思いで「これにしよう!」と決断しても、今度は「本体のみ」「レンズキット」「ダブルズームキット」がございます、さあいかがなさいますか?と選択を迫られて、ええぇ~もう疲れた…出直してきます…

なんて疲労困憊した経験があるのは私だけでしょうか?

「本体」のみを選んだら、レンズを別に買わないといけないし、っていうかレンズについて調べなおさないといけなくて、ああ面倒くさい。

「レンズキット」と「ダブルズームキット」の差額を考慮すると「ダブルズームキット」のほうだ断然お得な気がするんだけど、これってメーカーの戦略に乗せられているのか??

じゃあ「レンズキット」にすっか?

再びネット検索、んん?キットのレンズは役に立たないとな!?マジですか?「レンズキット」を買おうとしている私ってダサいんですか?

とかまたまた悩みだして、いつまでたってもカメラ買えないじゃんもう!と苛立った経験があるのは、どんくさい私だけなんでしょうか?そうじゃないと信じたい、ねえねえカメラ選びって難しいですよね。

せっかちな私は、1日でも早くデジタル一眼レフカメラを使ってみたかった、なによりレンズ調査に疲れたので「レンズキット」を購入しました。

 

 

これと別のカメラを使っている今、過去の私に言ってあげられることがあるなら、キットレンズって全然悪くないし、初心者に最適のレンズをセットにしてくれていると思います、です。

カメラ機器初心者でも、何をどう撮りたい、写真で表現したいことが明確なら、キットレンズでは物足りないだろうから、「本体」+「レンズ」を選択するべきなのだけど、明確でない人はレンズキットから始めてみると良いと思うのです。

「作品をきれいに撮りたい」が購入のきっかけであっても、家に一機あると、運動会で我が子が活躍する姿を撮りたいなんて願望が出てくるかもしれないし、カフェのランチをおしゃれに撮るのが楽しくなるかも、夜景を撮影することにハマるかも。

そんな見込みも含んだレンズだから、初心者はキットレンズで撮り倒して、これじゃ私の表現したい絵面が撮れないと分かった時に、改めてレンズ調査を行うと、自分にぴったりな一本が見つかると思います。

そんなことも次回のハンドメイド作家のための一番ゆるくて楽しいデジタル一眼レフカメラ入門講座で書こうと思うのだけど、うまく構成できず、書いたり消したり。

日々の日記で呟いていくと、少しはまとまるかな?と作戦にでてみた本日。

 

2017-05-17 | Posted in カメラ機器についてNo Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー