2016-02-10

スマホ自撮りをSNSやブログに公開する「顔出しブランディング」の成功法則が知りたい

24814100175_eeb1e8129b_z

おはようさんだす、スギサクです。
NHKの連続テレビ小説「あさが来た」観てますか。
「あさが来た」終わりの「あさイチ」観てますか。

先週火曜日の「あさイチ」は細見せテクニック特集だったのですが、その中で細く見える自撮りテクニックが披露されておりましてね。


若い子がやるような自撮りテクニックを、アラフォー世代がやって大丈夫?


半信半疑で「あさイチ」の指示通り行ってみたところ、予想以上に若々しく美人に撮れてしまい(実力以上をたたき出せた)、嬉しさのあまり披露せずにいられなくなっている私です。

ということで、今日はスマホ自撮り(顔出しブランディング)について思考してみました。

 

好感度のある顔出し、ない顔出しってないですか?

で皆さまはどうですか?
「顔出しブランディング」なんて言葉も耳にしますが、ネットで素顔をさらしていますか?

スマホ自撮りしてますか?
自撮りも顔出しも一切したことがない見る専門ですか?

どちらの皆さまも、SNSでよくお見掛けする自撮りフォト、どのように感じておられますか。

 

肯定派
自撮りはぜんぶ大好き 
否定派
自撮りはぜんぶ嫌い 
クール派
どうでもいい、気にした事ない 

 

肯定派否定派クール派、あてはまるタイプがありましたでしょうか。

女性は同性に厳しいですから肯定派は少ないですかね?

私はですね、上記3つ以外の意見です。

好感を持ってしまう自撮りと、嫌悪感を抱いてしまう自撮り、2種類あります。
なので「時と場合による派」です。

しかしこの「時と場合による」、現在ボーダーラインが明確ではなくて「好き」と「苦手」を直感で振り分けてしまっています。

己の直感を信じよとおっしゃる人もいらっしゃるでしょうし、他人の自撮りについては私も直感でいいと思っています。

しかし自分の自撮りを公開するとき、直感で行うのは危険じゃないかなと。
自分を客観的に見るのは難しいですから。

24814100175_eeb1e8129b_z

特に、今日私はこうして美人に撮れたと思っているスマホ自撮りを、喜び勇んで公開してしまったわけですが、見ている読者さんはどう感じておられるのか。

好感度にあたるのか、嫌悪感にあたるのか、自分では全くわかりません。

こういう時、好かれる嫌われるの判断基準やボーダーラインが分かっていれば、自分の自撮りフォトを「限りなく好感度より」に使い分けることができ、ブログの人気も急上昇すると思うんですよね。

…すみません欲を出してしまいました、上昇といかずとも、急下落はまぬがれるはず。

ということで、成功法則を見つけるため、いろいろなタイプの自撮りを集めてみました。

 

 

自撮りフォトを公開している女性をタイプ別に分けた

まず、スマホ自撮りをネットで公開しているのは、どんな人でしょうか?
我々世代の起業している女性限定で、6タイプに分けました。

  1. 承認欲求を満たす目的の人
  2. 顔出しブランディングを提唱している人
  3. 顔出しブランディングに共感している人
  4. 商品の着画イメージを伝えたい人
  5. 大勢いることを伝えたい人
  6. なんとなくやっている人

ここからさらに深堀してみます。

 

1.承認欲求を満たす目的の自撮り

承認欲求を満たす自撮りとは、「キメ顔でネガティブな発言をする」のが代表例として有名です。

24814100175_eeb1e8129b_z
こんなスッピンさらしてすみません(>_<)

※注 この写真の私はスッピンではありません、化粧をしています。

このタイプは主に、過度な加工×上目遣いのカメラ目線を得意とします。

10代の女子だと「若気の至り」ですみますが、我々世代が行うと精神的に病んでいるのかなと心配されそうですね。

あ、心配コメントをもらいフォロワーと交流を図ることが策なのかもしれません。

 

 

2.顔出しブランディングを提唱している人

顔出しブランディングとは、「自分を覚えてもらう・親近感を持ってもらう・安心してもらうことにより商品が売れやすくなる」ザイオンス効果とかなんとか言われてるやつのことです。

しかし顔出しブランディング提唱者には、大きく分けて2パターンありまして、このように振り分けられます。

  1. 自ら「自撮りフォトレッスン」を開催するほど強く進めている人→自撮りを公開する
  2. スマホ自撮りを頻繁に公開するのはやめよという人→自撮りを公開しない



ということで、前者(1)のイメージ例が以下。

24814100175_eeb1e8129b_z
おはようございます♪
今から自撮りフォトレッスン会場に向かいます!
皆さまにお会いできることを楽しみにしています(^_-)

このタイプは、笑顔のカメラ目線×ポジティブな発言が定番です。

また提唱者ですから、様々な計算をし尽くしたうえで自撮りを公開しているはず。
よって全ての写真が「限りなく好感度より」になっているのではないかなと予想します。

ということは、提唱者たちを追随すれば、成功法則が分かってしまうのではないでしょうか。深堀したことで新たな研究課題が出来ました。

 

 

3.顔出しブランディングに共感している人

顔出しブランディングに共感している人も、2パターン出てきました。

  1. 提唱者の「自撮りフォトレッスン」を受講して自撮りを公開する
  2. 独学の自撮り術とブランディング知識をもとに自撮りを公開する



(1)自撮りフォトレッスン受講者の場合

24814100175_eeb1e8129b_z
自撮りフォトレッスン受けてきました!
勉強になることだらけでビックリ。
ブランディングって奥が深い!

習ってきただけあって、自信が感じられるのがこのタイプです。

 

(2)独学の場合

24814100175_eeb1e8129b_z
きゃ~自撮りしてみた(;^ω^)
こんな人が作ってます。
どうぞよろしくね。

独学の場合は、すこし自信なさげな傾向があります。

しかし両者とも、顔出しブランディングをスタートさせるにあたり、自撮り公開初期は「これから顔出していきますのでよろしくね」を含んだ前置きをしがちです。

 

 

4.商品の着画イメージを伝えたい人

ハンドメイド作家に一番多いタイプです。

24814100175_eeb1e8129b_z
新作のピアスをつけて、これからスギサクさんとデート♪
ってこの写真じゃあんまり見えてないな(+o+)

作品についての一言コメント×出掛け先の報告が得意です。

ところで、このタイプだけに限らず、スマホ自撮りを公開する女性は、女同士の会合を「デート」と呼びます。

話をもとに戻して、こちらを細分化させると、たくさんの事例が出てきそうですね。
まだまだ研究は終わりそうにありません。

 

 

5.大勢いることを伝えたい人

セミナー講師に多いタイプです。

24814100175_eeb1e8129b_z
ただ今ワーク中!
皆さん真剣に取り組んでおられます(笑)

端っこの自分×その背後にいる大勢を撮るのが得意です。

講師業は自分自身が商品でもありますから、いかに人気であるかも伝える必要がありますもんね。

 

 

6.なんとなくやっている人

周りに影響されてか分かりませんが、なんとなくやっている人は「自撮り慣れしている=顔を出すことに抵抗がない=コンプレックスが少ない=美人」が多いです。

24814100175_eeb1e8129b_z
おはようございま~す。今日も一日頑張ろ~(^^)

加工少なめ×気軽なあいさつが得意です。

「起業している=自分の行動が収入につながる=考えもなしに自撮りを公開している」ということは、天然か天才のどちらかです。「なんとなくやっている風に見せる」は顔出しブランディングの養殖です。

 

 

まとめ

いやはや、なんとなく書き始めた自撮り考察日記が、えらい壮大なことになってしまいました。

本当はちょっと書いて終わるつもりだったのですが、3000文字にもなる日記になってしまいました。

そして不思議なことに、書いているとだんだん全部の自撮りが好きになってきました。

自撮りを公開している人は、何かしら頑張っている(頑張ろうとしている)人なのかもしれません。

しかしこんなオチで終わってしまってはゆるPR部の名が廃ります。
自撮りの成功法則を見つけるまで、研究を続ける所存であります。
皆さまからの情報もお待ちしております。

 

合わせて読むページ ハンドメイド作家の売り出し方、作品の注目度を激変させる策について考える

 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

手芸のスギサク特製ワンピース

関連するエントリー