2016-11-26

家コンプレックスとハンドメイド服を自宅でおしゃれにきれいに撮りたい

黒のVネックワンピース襟ぐり開き具合

家コンプレックスのある人って、けっこういるのではないかなと思っています。

というか、私がもれなくそれでして、おしゃれな家に恨めしいほどの憧れを抱いています。

くっそ、アンティーク?北欧?カフェ風?シンプルモダンだ?シャビーシック?なんでぇなんでぇチエっ!



という悔しい気持ちを原動力にして、「我が家は新ジャンル、老洒落(おしゃれ)なのである」と駄々をこねたりしているわけなんですが、なんやかんや言いながらも、茶色ハウスの自分ちは落ち着くし大好きです。

でもまあ、あんまり撮影向きではないよねえ…という気持ちは拭いされません。

とにかく真っ白い壁が皆無なのでね。

あるのは薄いグリーンの砂壁と、木目模様の茶色い壁、昭和まる出しのふすまのみ。

ここでハンドメイド服の撮影をしようってんだから、けっこう大変なんですよ奥さん。

白い壁紙的なものをどこかに張って撮影場所を確保しようか?ロールスクリーンを設置しようか?なんて頭悩ませましたが、中途半端にするならやめたほうがマシ、お金ももったいないから現状のままやっちゃおうって結論にいたりまして。

黒のVネックワンピース襟ぐり開き具合

こちらの、ハンドメイド服と私物のシャツを合わせた4分割写真。撮影の裏側はこんな感じになっています。



IMG_5358

私の1人撮影なので、ブラウスの裾を持つ係は『どっちもクリップ・強力タイプ』さんにお願いしました。

 

 

これは自分で言うのもなんだけど、なかなか良いアイデアですよね。

『どっちもクリップ・強力タイプ』って名前の通り、めちゃくちゃ強力なクリップと針金で、袖の持つ角度も完璧にキープされてます。

このクリップ、狭いテーブルの上で小物撮影するとき、レフ板を挟むのにも便利です。

そういや以前、咲牛印さんも撮影用の背景紙をセットするのに使っていたぞ。

Amazonのレビューを読むと、「寝ながらタブレットするのにベッドにくっつけてる」とか「細かい手仕事するとき拡大鏡挟んでます、両手が開くから便利」とか、みんなそれぞれの使い方があって面白いな~。

話はずれましたが、別角度から見るとこうなっています。

ハンドメイド服自宅で撮影裏側

こたつを片づけるのが面倒だったので、台の上に三脚セットです。

こうして引き画像にすると一気に庶民感出てきましたが、こういう家だからこそ、裏側を公開すると面白みがでるとワテは思っとります。

美しい家の裏側みても「やっぱおしゃれなんだ~我が家とは全然違うシクシク」って劣等感増したりするけど、これなら「我が家でもできそうだな」って勇気でるじゃないですか!

みんなそれぞれコンプレックスがある中で工夫してるんだ、私もがむばろうって立ち上がれるじゃないですか!

我が家ってダサいと思ってたけどコイツの家よりマシだな、と優越感もってもらって結構けっこうコケコッコ~!



と、好感度アップを謀ったところでお知らせです。

当サイトが約4か月にわたり製作してきたワンピース第一号が完成し、もうすぐ販売でございます。

私はいそいそと告知ページを作っておりまして、新しいワンピース紹介ページも途中までできました。

今日の画像と共に載せておりますので、良かったら見てやってください。よろしくお願いします。

クリッククリッククリリック↓

ワンピースの仕様について詳しく

 

2016-11-26 | Posted in 撮り方についてNo Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

手芸のスギサク特製ワンピース

関連するエントリー