2017-06-09

北欧柄のふかふか便座シート

北欧柄トイレソファクッション

いきなりトイレの話で申し訳ないんですが、我が家は温水式ではない普通の洋式トイレなので、カバーを付けないとおしりと太ももの裏が冷たいです。

またトイレが北側に位置していることが原因なのか?

冬は寒すぎて長居できません。

トイレだけが子と離れてゆっくり堂々とスマホを見れる場だったので、貼り付けるタイプの便座シートと覆うタイプのカバー、ダブル使いをしてたんですね。

個人的には便座シートもカバーも苦手で、というのも、他の洗濯ものと一緒に洗いたくないし、単体で毎日洗うのは水道電気代がかさむ気がするし、でも頻繁に洗いたい気持ちと洗うの面倒な気持ちが戦っていて、つまるところ、便座が暖かい温水トイレって素晴らしいってことなんですけど、現状の便座は冷たいままだから、カバーをつけないことには座るのが難儀なのです。

掃除もしずらいし捨てさりたい、トイレに入るたび不満に思ってたんですけど、先日こんなの見つけました。

北欧柄トイレソファクッション

ふかふかの便座シートです。

これなら、捨て去るまではいかなくともダブル使いから卒業できる!と思い、ためしにひとつ買ってみました。

座り心地は悪くないし、便座も冷たくないので、なかなか気に入ってるのですが、ふかふかすぎて我が家の普通の様式トイレではフタがちゃんと閉まりません。クッションの厚みでフタが少し浮いて感じになってるんですよ、ここが残念。

多分、温水トイレだったらちゃんと閉まるんだと思います。

座り続けるうちにクッションがへたり、そしたら閉まるのかもしれませんが、暖かさは消滅しないかが心配です。

しばらく使って良かったら洗い替えを買おうと思います。

この便座シート、先週実家に帰ったとき、妹に車で連れて行ってもらったショッピングモールで見つけたんです。

両親が息子を預かってくれたので、久々にゆっくり買い物できました。

やっぱりウインドウショッピングは楽しい。

 

 

Instagram@sugisaku.s
2017-06-09 | Posted in 近ごろのスギサクNo Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー