Profile

sugisakus-profile

履歴書(手芸歴)

小学生
おばあちゃんに教わりながら作った、リカちゃん人形のお洋服、手編みのマフラー(ひたすらガーター編み)。学校の手芸クラブで作ったフェルトのマスコットにビーズ人形。どれもこれも教わったままのワンパターンしか作れなかったけど、布や糸などの素材が品物に仕上がることに興奮、色違いをたくさん作りました。

中学生
母が買ってくれた当時最新の電動ミシンで、お弁当袋に巾着、ポーチ、おけいこバッグ作り。手縫いだった今までとは違い、裏地がジグザグ処理できれい!ファスナー付けがミシンで出来る!ミシンが名前を刺繍してくれる!と感動したことを覚えています。

高校生
両親が共働きだった為、毎日のお弁当&夕飯作りを母から命じられる。はじめは嫌だったけど、次第に料理の面白さにはまる。おかげさまで普通の家庭料理の他、小さいカツオくらいならさばけるようになりました。しかしお菓子作りは苦手です。

短大生
大好きな手芸か料理、どちらの進路にしようか迷った末、料理の道を選択。兵庫県にある栄養士の短大へ。和歌山県のド田舎で育った私は、雑誌の中でしか知らなかった都会&オシャレタウン&ピープルに触発され、手芸の道(服飾の学校)を選択すればよかった・・・と早々に後悔しました。

社会人
栄養士の資格を取得するものの、資格とは全く関係のないアパレル関係の仕事に。憧れだった販売員時代は、やり手の店長にしごかれ毎日泣いていましたが、とても充実した毎日でした。この時代があったからこそ今の私がある、と今になって思えます。店長には今も心の底から感謝しています。

無職時代
「DIYで部屋を改造する」偶然見たテレビ番組のワンコーナーに心打ち抜かれ、自分もやってみたい!が抑えきれず、大好きだったアパレルの仕事を辞め実家の和歌山に帰る。仕事も探さず朝から晩までDIYに明け暮れる。簡単な棚作りから、壁のペンキ塗り、しまいには砂壁を破壊し、父に怒られるが楽しすぎてやめられない。ホームセンター通いは毎日したほど半端なく面白かったです。

アルバイト
失業手当期間が終わりに近づき、働かなければと焦っていた矢先、親戚が実家近所にセルフのガソリンスタンドを開業。アルバイトとして雇ってもらうが暇すぎてハンドメイドの副業を始める。この歳でアルバイト・・・と、かなり自暴自棄はいりましたが、今となれば副業させてもらえた環境と時間に感謝。

副業時代
その頃一番得意だった手芸、ビーズ小物の委託販売で副業開始後、ビーズ教室にネット通販と活動範囲を広げる。これらの副業を始めたことにより、カタログ、チラシ、DM、商品撮影の際、必要となる作業、写真の難しさ&重要性を実感。と同時に、モノ作りに似た楽しさにはまる。

個人事業
写真にはまったことにより、今度は「撮り方を教える通信講座」を開講する。今まではライバルとなりつつあった存在の手芸好きさん達とお友達になれること&この講座を必要としてくださる方がいることが嬉しくて、本業として進行しておりましたが。

子育て期
結婚して子ができ、現在「写真講座」開店休業状態。主に継続受講者さまのサポートと、たまにいただく講師依頼のリアルレッスンを行っております。今はこのサイトのアクセスをどれだけ伸ばすことが出来るか研究することに夢中です。

 

屋号「手芸のスギサク」について

スギサク

杉浦さん(旧姓)が作っているから杉作(スギサク)、すなわち「スギサクの製作」と名付けました。結婚して苗字が北村に変わりましたがこのままです。男か女か分からない(とよく言われる)ところがお気に入りです。
※2015年5月19日より「手芸のスギサク」になりました。
1977.8.27|A型|女  和歌山県生まれ 大阪府在住

 

使用カメラ

 

過去の栄光

マイビーズスタイル掲載作品

ビーズ専門雑誌「マイ・ビーズ・スタイル」に、これらの作品、レシピ等を掲載していただきました。