2016-10-20

おばちゃんくさい花柄ワンピース〜タンスの肥やし復活コーデ

花柄ワンピースタンスの肥やし復活コーデ

おこんにちは、スギサクです。

トルソーに着せている『花柄のシャツワンピース』
購入したのは数年前にもかかわらず、今でも絶賛お気に入り。

しかしながら悲しいことに、タンスの肥やしになっています。
なぜか?

 

理由その1、夫のウケが悪いから。

夫の好みでないことは薄々気づいておったのですが、結婚初期に改めて「このワンピースどう思う?」と伺うと、「派手やし、おばちゃん臭くない?」と想定内の感想が。

やっぱしね(シクシク)ということで、夫と出かけるときは着ないことにしました。

旦那に遠慮せず着なよ!ってご意見あるかもですが、もし逆の立場で、夫が刺繍満載のド派手なジャージきてたらヤダな〜って思うかもしれないからね、今の所はね、遠慮しときます。

 

理由その2、柄にインパクトありすぎ

そして、夫の感想にもある柄が派手すぎ問題。確かにそうなんです。

インパクトある花模様の総柄なんで、2回着ると「そればっかり着てない?」(うん、まだ2回目)、「えらい気に入ってない?」(だから買った)、「それって古着?」(おばちゃん臭いってこと?)、ってツッコまれるのですね。そして私は、はにかみ笑いをするのですね。

 

理由その3、花柄や色合いがいかにも『秋冬』

このシャツワンピースの生地は一見するとコットンですが、実はポリエステル100%。だからシワが出来にくくて落ち感がきれい、さりげない光沢もあってとても美しいんです。

さらに薄手だから、素材的には『春秋』着用可能なんですが、柄と色合いが『ザ・秋!』なおかげで春には着づらいのですよ。春になると、やっぱり明るめのトーンがいいなーってなって結果、秋オンリー。

 

理由その4、ウエスト位置にゴムが入っているから

そんでもってこのワンピース、ウエストにゴムが入っています。

ローウエストでもハイウエストでもないジャストな位置にゴムが入ってて、そこからAラインにスカートが広がるデザイン、それがまた気に入って購入したのですが、普段ノーメイクで過ごす私には、ドレッシーすぎて着れません。

いや、ドレッシーというほどの服ではないですが、普段、化粧もヘアセットもせず過ごす私にはまるで似合わないってことです。

 

そんなわけで、現在私がこの服が着ることができるのは、夫と一緒ではないヘアメイクして出掛ける秋の1日、となっております。

花柄ワンピースタンスの肥やし復活コーデ

1年に1回なんてイヤだぞ、もっと活用したいぞーってことで、タンスの肥やし復活コーデしてみたのがコレ。上着として羽織れば柄のインパクトも薄まりますかね?

生地参考の服

リュック背負えば柄が見えてる面積も狭くなるし、ベージュのサロペットにもTシャツ・ジーパンにも合うと思うのだけど、夫的には大丈夫かいな?

今度チャレンジして何も言われなかったら、タンスの肥やし復活コーデ大成功ー!ってネタで続編を書きたいと思います。

(続く)

 

2016-10-20 | Posted in 作家さんとのコラボ作品No Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー