2016-12-12

レディース服の9号と11号、サイズ比較画像を上手に作りたい

ワンピースとマフラー

おこんにちは、スギサクです。
まずは、お知らせから失礼します!

縫製担当者さんから、11号のワンピースが届きましたので、この土日で販売ページをすこし整えました。良かったら覗いてやってください。

黒のシンプルVネックワンピースを販売します

あと、ワンピースを購入してくださったお客さまから感想もいただけまして、念願であった「お客さまの声ページ」を早速作らせてもらいました。ううう…うれしい…(涙)こちらもお暇があったら覗いてやってください、よろしくお願いします!

お客さまの声のページを見てみる

お客様の声



というわけで諸先輩方、販売初心者の我々が今やるべきことは、小さなことからこつこつと(by西川きよし)、信頼を積み上げていくしかないですね。

「売れねえ、金がねえ、人気がねえ、イケてないときこそユーモアをもってアピールしたい」がコンセプトの当サイトではありますが、実際やってみて、その背景には、しっかりしたモノ作りと、安心して買い物していただける環境作りが必須ね、と全身に染みわたって理解した今日この頃。

何をいまさら当たり前のこと、ってツッコまれそうですが、なんだかね、いまハンドメイドブームだし、ミンネとかクリーマとか、さくっと気軽に販売できる環境は十分に用意されているじゃないですか。

でもって、売れっ子になるにはSNSをうまく使えだの、ブログは必須だの、売ることと良い品を作ることは別だの、ノウハウも溢れているではないですか。

それを読んだり、きらびやかな人気作家の表面だけ見ていると、売れない自分は救いようがないヤツ、みたいな気分になって凹みそうになるんだけど、冷静に考えると、最初っから全部自分の思い描いた通りになんて、いくはずねえですもんね。

ってなこともあり、先日の日記では、うまく行かなかった裏事情や反省点なんかも綴ってみたわけですが、本日は、ハンドメイド服の販売ページを作るにあたって一番苦労した写真の話。

 

レディース服の9号と11号、サイズ比較の画像作りが難しかった

9号11号サイズ表

私が一番苦労したのはコレ ↑ 9号と11号のサイズ比較の画像作成でした。

こうして完成してる画像を見ると、普通じゃん?どこが?って思うかもしれないんですけど、すごい時間がかかったんですよ。

 

トルソーの軸と、背景のラインを合わせるのに苦戦した

まず、このトルソーなんですが、実は少し傾いてるんですね。

すこしの傾きくらい、撮影したあとの画像編集で角度調整すれば問題なしですが、我が家の場合は、背景が茶色の壁板。

壁板のラインとトルソーの軸にズレがあると、もうダサくてダサくて。

トルソーの足に雑誌を挟んで、カメラの液晶でズレがないか確認して…の繰り返し微調整に時間がかかりました。

ああ、まともなトルソーが欲しい。

 

ごまかしがきかないデザインだった

例えば、柄があったり、フレアーだったり、少しデザイン性のある洋服だったら、もう少し撮りやすかったのではなかろうか?

これって黒無地のストレートワンピースだから、ごまかしがきかないんだなと思いました。(これについては、おそらく縫製担当者も感じたのではないかと思う)

というのも、撮影に使ったワンピースは、ふだん自分が着ていたモノなんですね。普通に着てるんだから、そりゃ少しのシワくらいあるじゃないですか。

肉眼で見て、このくらいは大丈夫かな?と思いつつ撮影してみると、それが猛烈に目立つのですよ。

こりゃアイロンをかけなければダメだ!と、いままでにないくらい時間をかけましたが、私のアイロン技術が未熟なため、完璧にシワをとることができず。

今後の課題だと感じたので、アイロンとアイロン台を新調しました。これについては、またレビューでも書きたいと思います。

 

2枚の画像をくっつける作業に時間がかかった

9号11号サイズ表

どうにか撮り終えた後は、画像編集で前後2枚の写真をくっつける作業。

これまたトルソーの大きさや高さを合わせたり、右と左の壁板ラインがずれてないか、微調整に神経すり減らしました。

というわけで、一見地味なこの画像。

パソコンでイラストが描ければ、きれいで分かりやすいサイズ比較画像が作れたのでは……、フォトショップが使いこなせたらもっとラクチンなのか……、我が家の壁が真っ白だったら問題なかったのに……、とか泣きそうになりながら作成した画像でした。

まあ終わったあとは、それも良い想い出。

いや。もっとクオリティの高い画像にしたい、が本音です。

11月30日販売開始黒のVネックワンピース

 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

手芸のスギサク特製ワンピース

関連するエントリー