2017-08-23

インターネットで物品販売をするハンドメイド作家が読むと面白いんじゃないかなあと思う本

本のカバー捨てる

ワタクシは、基本的に「本好き・活字好き」な、かしこ人間ではありません。

こんな自分を放っておいたら、イラストがメインで物語が展開される本(漫画)しか読まない、と自覚しているので、意識して活字の本を読むことにしています。

本の種類や著者の限定はしておらず「気になったものをすぐに買って読み散らかす」スタイルです。といっても好きな著者の本はひいき目に読んでしまうのだけど。

「気になったもの」というのは、好き嫌い関係なく「気になったら」読むことにしています。

「読み散らかす」と表現しているのは、読みかけの本が沢山あるからです。

紙の本が近くにある時はソレを、スマホが手元にあるときはKindleアプリ内のアレ、図書館で借りてるのを先に、みたいな感じで、毎日のスキマ時間にちょこちょこ読み進めます。

完読することを心がけてはいますが、やっぱり、途中で放置している本があります。図書館の返却日がきてしまったーとか。

まあ、しょうがないよね、自分は夢中になれなかった、続きが気にならなかっただけなのさ、と解釈することにしました。

それで、こういうスタイルであれこれ手を出していますと、本に対する「自分なりの法則」みたいなのが、すこし見つかりまして。

●ビジネス書コーナーによくある具体的な方法論が書かれた本は、すぐに劣化して使えなくなるのでスルーして良い。

●ブロガーの自己啓発本は、本を買うまでもなく、その人のブログを読んでいれば十分満足できる。

●煽られていないタイトルの本に、アタリが多い。

私個人の法則だから、ほかの人には当てはまらないと思います。

こういう私ですから、以下で紹介するのは、ものすごく勉強になる本、ハンドメイド作家が読むべき本、必読!!でもないです。

このブログの読者であるハンドメイド作家が読んだら面白いと感じるんじゃないかなあ?相性がいいんじゃないかなあ?くらいの事しか言えません。

どのページのどの文章に感銘を受けた、みたいな具体的な感想も書けないし、正直に言うと内容もはっきり覚えていません。

ただ単に全体的に好きで、なんど読み返しても劣化していないと感じる「インターネットでお仕事関連本」を紹介します。

 

インターネット的

ほぼ日手帳でお馴染み、糸井重里さんの本です。

 

 

インターネットの成功論、ほぼ日成功の軌跡、とかじゃなくて、糸井さんが感じる「インターネット的」なことについて書かれた本です。ネット環境から離れた日常でも「インターネット的」なことがあるよね、それって楽しいよね、みたいな内容だった記憶が。

 

ウェブはバカと暇人のもの

著者である中川淳一郎氏の「ヨレヨレ感」が気になって購入した本です。

 

 

ネットの誹謗中傷って怖いと思ってたけど、怖がらなくていいのかな~、いやでも実際にされたらイヤだけど、無駄に怖がらなくてもいいのかな~、いやいや怖いな~、とか思いながら楽しく読んだ記憶が。

 

「ない仕事」の作り方

「ゆるキャラ」の命名で有名な、みうらじゅんさんの本です。

 

 

今は「ない」仕事を、ほほ〜それって「あり」ですね、よく考えれば必要ですよね、と言わせるにはどうすればいいか?みたいなことが書かれていたような。みうらじゅんさんの文章は、なんとなくですが、ニヤニヤしながら書いている感じがして、読むのが楽しいです。

 

ツイッターくらいはモテさせろ!ゆるカワWeb女子入門書

著者の小野ほりでいさん、女性かと思いきや男性のようです。

 

 

イラストと吹き出しで話が進みます。活字を読むのが苦手な人におすすめです。テーマはツイッターですが、ブログやフェイスブック、日常でもあるある、こんなヤツおるおるプププ…と笑ったところで、うげげワテってこのタイプやん!!と自己嫌悪に陥った記憶が。SNSの人間関係に悩んでいる人が読めば、すこしスッキリすると思います。

 

カメラレッスン・プロ

カメラレッスンプロ

インターネットで作家活動をするなら写真は必須ですよね。この「カメラレッスンプロ」には、人物、雑貨、料理、ペット、店舗撮影と一通りのテクニックが紹介されています。

 

 

けっこう昔に発刊された本ですが、今読み返しても古臭さはないんですよ。撮影の王道がおしゃれな写真と楽しい解説で、初心者でも読みやすい一冊です。

関連:写真が上手になりたい女性の第一冊目におすすめなカメラ入門書

 

人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか

これ、誰にも教えたくないくらい大好きな本。

 

 

面白い本を発見したら、追記したいと思います。

 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー

コメント1件

 スギサクさん超絶おススメの「人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか」を読んでみた。 | iroful手芸研究所 | 2017.11.08 16:12

[…] 前書きと第一章しか読めていない分際なのでこの本を語る資格はありませんが、スギサク記事によると本当は誰にも教えたくないほどの本らしいです。そんな本を今読んでいるなんて、 […]