2017-12-13

じゃばらポーチのフラップ(ふた)デザイン、機能はそのままでもっとシンプルにしたい

ジャバラタイプの母子手帳ケースフラップデザイン

装飾のない、ことごとくシンプルな母子手帳ケースが欲しい。な、欲張り心から他人(咲牛印さん)を巻き込んで自分だけのお気に入りを作っているワタクシ。

縫製を咲牛さんにお願いした甲斐あって、機能面は大満足。ありがとう、ほんとうにありがとう咲牛さん。

よーしあとはディテールだ!ということで、今日はフラップのデザインについて考えます。

必要な機能はそのままで、もっともっとシンプルな構造にしてみたい

ジャバラタイプの母子手帳ケースフラップデザイン-1

フラップとはパタパタと開閉するフタの事。真正面から見た状態が(↓)で、

IMG_5240

中を開けなくても物が取り出せるようトップにファスナーを付けています。

すなわちフラップ=収納ポケットの役割なのだけど、コインケースなどの小さいポーチを入れるには浅いので、もうすこし深くしたい。

IMG_5242

もうひとつ。現状、中にめいっぱいモノを詰め込んでいるせいもあると思いますが、フラップの角が気になっています。

IMG_5240-2

このすみっこが、ぴょこんと飛び出た感じに見えるのが気になるのだけど、丸みを持たせると緩和されるのかな?それともダーツとか入れると良いのかな?

IMG_5243

フラップの裏は、見ての通りいま何にもないのだけど、透明ビニールポケットになる予定です。

表のファスナーから収納したものが、裏の透明ビニールポケットから確認できる設計にしたいと思います。

以上をまとめると、

IMG_5240

IMG_5240-1

 

IMG_5243

IMG_5243-2

という感じにすると、必要な機能はそのままで塩系な外観になりそうな気がするので、もう一度試作品を作ってみます。

 

≪前回の話  続きの話≫

母子手帳ケース製作中です母子手帳ケースの製作過程・カンタンまとめを読む >>

2017-12-13 | Posted in 作家さんとのコラボ作品No Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー