2017-09-15

じゃばらポーチにチャレンジ!下調べせずにカンで作ったら失敗したよ

持ち手付きジャバラ母子手帳ケース

オリジナルの母子手帳ケースを製作中の手芸のスギサクです。

大枠は(↑)こんな感じでほぼ完成なのですが、中身をもう少しスマートにしたいので、しぶとく試作品を作っています。

私の場合、母子手帳ケースって普段はこういう(↑)ポーチ形式で事足りるんですね。

だけど、お知らせプリントとか領収書の明細とか、プリント類を折らずに収納したいので、ポーチ状態からガバッと全開してくれると嬉しい。だったら…

じゃばらポーチを作りたい2

じゃばらポーチを作りたい

こういう風にすれば、A4プリントも美しく収納できて、ポーチ状態になるのではないかしら?

ということで、現在わたしは実家帰省中。実家にはミシンがあるので、張り切って試作してみました。

 

じゃばらポーチに初挑戦!カンで試作してみました

じゃばらポーチを作りたい試作1

ミシンってやっぱり仕事がはやい。フラップなしの本体のみですが、じゃばらポーチができちゃいました。

余り布で縫い方も雑、糸の種類も上下ばらばらですが、いつもと違う仕上がりにテンション上がって、中身も本番ばりにつめてみました。

じゃばら母子手帳ポーチ試作

私のお薬手帳と診察券セットに、子供二人分の母子健康手帳、お薬手帳、保険証診察券、予防接種の予診票に、お知らせプリント類が、なんなく収納できて大満足。

がしかしパンパンだから、留め具はやはり融通の利くものが必須であります。だけどかなり完成に近づきました。今回のはすごく気に入った。

じゃばら母子手帳ポーチ試作失敗例

ところで、じゃばらポーチなんて作ったことなかったけど、ミシンがあるから大丈夫!みたいな謎の自信から、カンで製作。

そしたらどうもやり過ぎたらしく、アコーディオンみたいになってしまいました。

なんだか変だなあ?と、作った後にネット検索してみると、じゃばらが多すぎな感じです。

 


<続編>

失敗したジャバラにしっちゃかめっちゃかな縫い方の試作品を、綺麗に仕上げてもらうため、咲牛印さんに本番の縫製を依頼。ようやく試作品(仮)が届きました! → 咲牛印さんから届いた鮮やかなピンク色の母子手帳ケース試作品

母子手帳ケース製作中です母子手帳ケースの製作過程・カンタンまとめを読む >>

 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー