2018-02-23

A4プリントが折らずに収納できるジャバラポーチ型の母子手帳ケース、試作品が完成!…間近

でけた!母子手帳ケースの試作品がでけたー!

厳密に言うと、各パーツを接続していないのすが。

一度縫ったのだけど、気に入らなくて解いてしまいました。今晩また子供達が寝てから再チャレンジします。

そんな中途半端な状態でも、テンションアゲアゲで『できたー!』って叫びたい気分。

今回の試作品は自分的にすごーく満足のいく出来で、久しぶりに達成感。このケースをずっと眺めていられる。

咲牛さんから届いた母子手帳ケースの試作品を慎重に真似ながら、修正したり、細かく計測して型紙を作ってから、ミシンで縫いました。(いま実家に帰省中だからミシンが使える)

というわけで中身を紹介させてくれい。

手芸のスギサクの母子手帳ケース、全開はこんな感じです。

説明が難しいのだけど、とにかくA4プリントが折らずに収納できる仕様です。

ここから、

パタン。

と、ひと折りすると普通の蛇腹ポーチ型に変身。

からの、

フラップ。

留め具はまだだけど、自分の中では決定しているから、大阪の家に帰ったらすぐにできる予定。

フラップはポーチになっていて、裏は透明です。

ビニール生地が用意できなかったので、クリアファイルで代用しました。

お試しで、A4プリント10枚くらいと、色々な大きさの手帳、ノート、文庫本合計4冊収納。

厚みがあっても美しく収納できてると思います。

生地は、実家に転がっていたおそらく綿100%を使ったのだけど、完成をみると意外に良いなと思っています。

おじさんくさい母子手帳ケースだけど、私はこのくらい地味でも良いかも。

2年越し、念願の母子手帳ケース。ようやく完成が目の前まできた感じです。

ていうか2年て。

 

≪前回の話  続きの話≫

母子手帳ケース製作中です母子手帳ケースの製作過程・カンタンまとめを読む >>

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー