2018-02-26

完成間近の母子手帳ケース、前回の比較と微調整箇所をレポートします

シンプルでおしゃれな母子手帳ケース

あらかた出来上がった母子手帳ケースの試作品。

実際に収納してみると、やや不満が残ったので修正を行ったのち、留め具をつけました。

以下は、前回の比較&微調整箇所のレポートです。

 

試作品「前回」と「今回」を比較しながら微調整箇所をレポート

IMG_6147

ピンクが咲牛さんが作ってくださった試作品。これを元に微調整したのがカーキ色、今回の母子手帳ケースです。

※咲牛さんからピンクの試作品が届いたときのレポートはこちら(↓)

咲牛印さんから届いた鮮やかなピンク色の母子手帳ケース試作品

IMG_6147

まずフラップは、ふた兼ポーチの役割をしているので、少しだけ大きくというか深くしました。

IMG_6148

そして、ファスナーの下にダーツを入れました。わずかでもポーチの入れ口にゆとりを持たすことで、出し入れしやすくなりました。

がしかし、ダーツの正式な入れ方がわからなくて手持ちのバッグを参考に適当にやっちまっています。ここは縫製担当の咲牛さんに、正式なやつをお願いしたいと思います。

IMG_6149

フラップのてっぺんにあった持ち手の位置を少しずらしてみました。

IMG_6150

フラップのてっぺんではなくて、本体裏の上部につけた、という感じです。

IMG_6151

咲牛さんアレンジである持ち手の縫い方が気に入っていたので真似てみたのだけど、この位置だったら意味ないのか?全部縫った方が良かったのか…?と、自問自答しています。

IMG_6145

で、Dカンを持っていないのでフープで代用したのですが、グラグラ動くので、もっとフープに近いところを縫えば良かった…と後悔。

IMG_6152

なぜならストラップをつけると、こんな感じ(↓)で引っ張られて不細工だからです。

IMG_6143

というわけで次の日、安全ピンで仮止めしてみました。

IMG_6171

やはりフープが動かないように縫うのが良さそうです。

IMG_6153

フラップの裏、今回の試作品はちゃんと透明にしてみました。

IMG_6154

表のファスナーから入れたものを裏からでも取り出せるよう、ボタンか面ファスナーを付けたら良いかなと思っています。

IMG_6155

A4プリントが収納できる本体部分も少しだけ大きくなりました。ジャバラポーチを少し深くしたので、それに伴ってです。

IMG_6156

という感じの手芸のスギサク母子手帳ケース。

ジャバラポーチ部分と留め具については、後日改めて紹介したいと思います!

 

≪前回の話  続きの話≫

母子手帳ケース製作中です母子手帳ケースの製作過程・カンタンまとめを読む >>

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー