2018-03-04

長さ調節ができるバッグの留め金具、サンプル4種類完成につき作り方を紹介

長さ調節ができる留め具マグネットボタン

オリジナルの留め金具サンプルを4パターン作りました。

こちら、簡潔に紹介すると『長さ調節ができるマグネットホック』でして、移動カンとかリュックカンとかベルト送りとか呼ばれているパーツを利用してつくります。ベルトみたいな留め金具ってことですね。

このうちのいずれかを、ただいま製作中の母子手帳ケースに付ける予定です。

作り方はいたって普通で、熟練ハンドクラフターさんなら「みりゃあ分かる。」とおっしゃるはず。なんだけど、なんですけど、夜なべで製作したもんだから紹介したい。

ベルト式マグネットホックの作り方

Snapseed (4)

ベルト式マグネットホックの作り方は、以前紹介したスタイクリップ(マルチクリップ)とほぼ一緒です。

親子兼用スタイクリップ(マルチクリップ)の作り方

今回は、サンプルのためだけに移動カンを購入するのがもったいなくて、パーツから手作りしてみました。

IMG_6272

家にあったペーパーワイヤー(食パンの袋とか閉じる針金)をパーツの形に折り曲げあと、マスキングテープでコーティングでジャンクパーツが完成。

IMG_6292

マグネットホックも購入すると高いのでね。代替品。

むかし100均ダイソーで購入していた分割型マグネットシートで代用。このマグネット、磁力が弱くてあまり使い物にならないのだけど、こういうサンプルには最適。100円で山盛り、使いきれないほど入ってます。

IMG_6293

がらくたで作った留め具サンプルを、ポーチに見立てて折ったA4のクラフト用紙に設置。

長さ調節ができる留め具マグネットボタン

左3本が「一本線のベルト送り」のサンプル、右1本が「二本線のベルト送り」のサンプル。これでポーチの厚みに対して融通の利く、理想の留め具が完成!

フラップにどう縫い付けるかも問題になってくると思うので、ここはもう縫製担当の咲牛印さんに相談にのってもらう!

 

≪前回の話  続く≫

母子手帳ケース製作中です母子手帳ケースの製作過程・カンタンまとめを読む >>

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー