2017-05-24

Canonのカメラを使っている理由

デジイチ

一口に「鉄道オタク」といっても、その種類はめちゃくちゃ多くて、ひとくくりにされることを嫌がる人もいるとかなんとか。

電車の写真を撮るのが趣味の撮り鉄、乗ることを楽しむ乗り鉄、模型を作るのが好きな人、時刻表を見るのが好きな人、切符収集家などなど、嗜好はさまざまだそうですね。

カメラの世界も同じく、機器が好きなメカマニア、風景を撮るのが好きな人、人物を撮るのが上手な人、家族写真を撮ることに喜びを感じる人、料理雑貨を可愛く撮れる人、テーブルフォトのセッティングが得意な人・・・、あげていくとキリがありません。

自分はどれに当てはまるかなあと考えてみましたが、「カメラが趣味」のカテゴリーだとどれも当てはまらない気がします。

私は今Canonのカメラを使っていますが、特別なこだわりがあって選んだわけでもなく、カメラといえばCanonかNikonだそうだからCanonにするか、くらいの理由です。

メカに弱いので新機種にも興味がないし、そもそも買い替えで再度機材について勉強するのがイヤなのです。

新機種が手に入ったワクワク感や喜びより、慣れない作業に対する苦痛が勝ちます。

今使っているカメラが壊れたら同シリーズの新型に買い替えれば、新しく勉強することも少ないだろう。レンズが豊富に揃っているメーカーなら、純正レンズから選べばいいだろう、という極めて面倒臭がり屋の理由からCanonを選んでいます。

こだわっている人からはバカの烙印を押されるかもしれませんが、デジタル一眼レフカメラをはじめてみたいな?という初心者にとっては、購入のハードルが低くなる気がして書いてみました。

今はスマホがあるから、カメラは絶対に買わなくてはいけないものでもないし、深い趣味の世界に軽く足を突っ込むと、先輩方から怒られそうな気がして怖い~~と思うのは小心者の私だけでしょうか。

でもアメトークのカメラかじってる芸人が大好きです。小籔さんに怒られたいM気質におすすめしときます。
 

 

 

 

2017-05-24 | Posted in カメラ機器についてNo Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー