2020-11-18

コーデュロイ?不思議なインディゴのコットン生地を扱ってみた感想

ハンドメイド,メンズパンツ

大好きな激安ショップ「手芸ナカムラ」さんで購入したインディゴのコットン生地で、パンツを仕立てました。

このパンツに使った生地、とっても不思議な素材なんです。

ナカムラさんのサイトで得られた情報は「インディゴ」「コットン100%」「やや厚手」くらいです。

お安い代わりに素材情報(写真も)が極小なのですね。

というわけで本日は、実際に扱った感想をつづります。

この生地の正式名称など、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけたらとっても嬉しいです。

洋裁素人には分かりかねる謎の素材なのです。

【手芸ナカムラ購入】インディゴ・コットン100%・やや厚の生地

購入したのはこちら、145㎝幅が1.5メートルで約640円の生地です。

表地

手芸ナカムラ,インディゴ綿生地,表

表はコーデュロイのようなスジ、畝(うね)があります。

ただコーデュロイには逆毛、なで毛とかの毛並みがありますよね。この生地にはその毛並みがないように感じます。

で、この畝、まっすぐの縦ラインではありません。

70度くらいの斜線です。

個人的には、この微妙な斜線が扱いにくかったです~。

パンツの縫い合わせ箇所、どう頑張っても斜線がきれいに合いませんでした。

ハンドメイドパンツ,サイド縫い合わせ

裁断時に布目を合わせなかったのか?と疑いたくなる仕上がりです。

斜め70度の斜線って初心者には扱いが難しい。

シンプルなまっすぐ裁ちのワンピースとかだったら良かったのかも。

裏地

手芸ナカムラ,インディゴ綿生地,裏

裏に畝はありません。

ニット地のような見た目と肌触りです。とっても柔らかくてサラッとしています。

ふわふわで安心感があります。

厚み

厚みは中厚手~厚手です。

厚手ですが柔らかいので縫いやすかったです。

家庭用のコンピューターミシンでもスイスイ進みました。

使った針と糸は、普通地用です。(針は11号、糸はシャッペスパンの#60)

ウエストベルトの縫い合わせでは、生地が3、4重に重なった個所がありましたが、難なく縫えました。

ウエストベルト縫い合わせ

ただ裾の始末は二つ折りで処理しています。三つ折りだと分厚くなりすぎてごわつくかな?と心配になる厚みでした。

伸縮

伸びそうで伸びない、いや伸びるのかお前は???って迷えますが、たぶん伸びません。

斜め70度の畝のバイアス効果でちょっと伸びてるんだと思います。

ストレッチではなさそうです。

切り口

切り口は、ボロボロとほつれやすいです。

裁断後はサッと縫い合わせるか、ロックミシン(ジグザグ処理)したほうが良いなと思いました。

色落ち

生地の種類には関係ないと思いますが、作業していると手のひらがうっすら青く染まりました。

水通しもしましたが、しつこく色落ちするようです。

でも普段の洗濯でおさまります。

私のパンツは完成後2回ほど洗濯していますが、今は色落ちしていません。

まとめると変形コーデュロイ?

ハンドメイド,メンズパンツ

っていう生地なんですけど、正体は何だと思います?

厚手の変わったコーデュロイ?

【追記1】この生地で仕立てたパンツです。

【追記2】パンツの余りで娘のギャザースカートを作りました。

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー