2018-02-19

卵と牛乳アレルギー対応お菓子、子どものあごを鍛えるクッキーレシピ

卵と牛乳アレルギー持ちの娘用に、ホットケーキミックスでクッキーを作ったはいいけど、上下二本ずつ計4本の乳歯生えかけ1歳2ヶ月めには硬すぎました。

奥歯で噛みくだくガリガリ音が鼓膜と脳に響いてテレビの音が聞こえにくくなる歯ごたえです。

ムスメ、めんご、失敗だ……

申し訳ない気持ちで隣を見ると、クッキー両手に笑顔でしゃぶりついてる女子がおりました。

あながち失敗じゃない、と自分を慰めている母スギサクです。みなさまこんにちは。

最近、ホットケーキミックスを利用したお菓子作りにはまっています。

なんでホットケーキミックスを使うのかというと簡単だからです。簡単、とか言いつつ失敗作ばかり生み出しているのですが。

でも、めげずに挑戦しているとお菓子作りのコツっぽいのがすこしだけ、掴めた気がしています。

おかあさんのお菓子レベルであれば、惣菜作りと同じように考えればいいだけなんだなあと。

生の素材(お菓子の生地)を、どういう形状にして、火を入れるか(焼くとか蒸すとか)だけのことなんだって理解してから、気負わずチャレンジできるようになりました。

そんなわけで、今日使った素材の配分はこんな感じ。

 

【子供のあごを鍛えるクッキー材料】

ホットケーキミックス:150グラム
バナナ:1本
砂糖:大さじ1
米油:大さじ2

 

ただ混ぜ合わせて170度のオーブンで30分焼いたのが、このクッキーなのですが、上記の材料ですと『そばボーロ』より硬い仕上がりになります。

1歳の娘にはハードすぎるので、もうすこしソフトに仕上げたい。

そばボーロから、カントリーマアムへと変化させるには?

水分を追加すればいいのでしょうか?

油分ももう少し必要かな?

次回は豆腐とか豆乳を追加してみようかな。

2018-02-19 | Posted in 自分で作る手芸品No Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー