2018-10-04

【パーソナルカラー秋(オータム)コーデ】UNIQLOのサーモンピンク色のカーディガンとシンプルなリネンワンピース

ユニクロ,エクストラファインメリノクルーネックカーディガン,Sサイズ,ピンク,コーデ差し色

こんにちは、大阪に住んでいるスギサクです。

台風接近により今日は雨ですが、大阪の日中はまだまだ暑く、半袖で過ごす日が多いです。

しかし朝と夕方、店舗内のクーラーは冷えるから、持ち歩き出来る軽い羽織りものが欲しい。

というわけで羽織りものが豊富に揃うユニクロをチェックしてきました。

ユニクロのレディース売り場をゆっくり回ったのは何年ぶりだ?ユニクロってレジャーランドでしたっけ?子どもにせかされながら、チャチャっとキッズ衣類を選ぶのが常だったから、ユニクロの楽しさを忘れていました。(今回はむすこ→幼稚園、むすめ→ベビーカーで寝る、だったので1人気分で回れました)

本日は、手芸のスギサクのリネンワンピースに合う、パーソナルカラー・オータムと調和するユニクロカーディガンを紹介します!

 

私のパーソナルカラーはオータム(仮定)

はじめてのパーソナルカラー

カーディガン紹介の前に、前提となるパーソナルカラーの話をどうぞ。

わたくし最近パーソナルカラーの勉強をしています。勉強というか、自分に似合うカラーを知りたくて本を読んでるだけです。

だもんで素人のかじった知識で自己診断しています。すごく難しいです。

だから実は自分のパーソナルカラーを特定できていません。

えっと、ワテってオータム(秋)かな?どストレートなオータムじゃなくて隅っこのオータムかな?夏の終わりかけ、立秋あたりのオータムかな?こんな感じのあやふや診断です。

あやふやながらも「オータム」と仮定して、コーディネートを組んだり洋服選びをしています。

 

パーソナルカラー・オータムに似合うサーモンピンクのカーディガンをユニクロで買いました

ユニクロ,エクストラファインメリノクルーネックカーディガン,Sサイズ,ピンク

あらためまして、ユニクロでこんなカーディガンを買いました。

商品名は「エクストラ ファイン メリノ クルーネックカーディガン」、ウール100%です。

パーソナルカラー・オータムが似合うとされているサーモンピンク(黄身がかったすこし濃いめのピンク)です。

今回はSサイズにしました。店頭で試着したところMサイズもさほど変わりない。重ね着するならMかな?と迷いましたが、ジャストサイズのSに。

ユニクロ,エクストラファインメリノクルーネックカーディガン,Sサイズ,ピンク着画

着崩さずに正しく着るとこんな感じです。(私の身長は160㎝。今日は雨なのでひざ丈の黒のVネックワンピースを着ています)

厚手のインナーを重ね着することはないだろうし、ボタンを留めることもほぼゼロなのでSサイズで正解でした。

薄手で柔らかくチクチク感はほとんど感じない素晴らしいカーディガンが2,990円!ありがとうユニクロ!

 

制服化しているリネンワンピースとユニクロカーディガンのコーディネート

今日のコーデ,リネンワンピースベージュ,ユニクロサーモンピンクのカーディガン

今日のコーデ,リネンワンピースブラック,ギンガムチェックシャツ,ユニクロサーモンピンクのカーディガン

制服化しているリネンワンピースにカーディガンを合わるとこんな感じです。

ユニクロでいろんなカラーを試着しましたが、このピンクがいちばん顔写りが良かったです。パーソナルカラーを勉強していなかったら、こういう色味は絶対に手を出さなかったので、すごく驚きました。

若いころはババくさいと嫌煙していた色味が、41歳にジャストフィットしたんだと思います。

年相応に、落ち着いていて、ちょっと華やかにも見えます。

パーソナルカラーすごいぞ、わたしってストレートオータムかもしんない。

ここ数年の悩みであった、若作りな気がする、やつれた、目じりのシワが気になる、シミくすみが気になる・・・この一着で解決しそうな予感。色って大事。

 

パーソナルカラーとリネンワンピースの関連エントリー

▼ユニクロのカーディガンは、このワードローブに追加します。

パーソナルカラー・秋(オータム)タイプの秋服、カジュアルな普段着ワードローブを見直しました

▼パーソナルカラーの勉強をはじめたきっかけを書いた日記です

【ワードローブのミニマル化計画】少数精鋭で着まわすならパーソナルカラーを知っているほうが有利かな?

 

2018-10-04 | Posted in 作家さんとのコラボ作品No Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー