2018-03-26

フリーペーパーのサイズについて考えてみよう

3月中にやり終えたいこと、計画のひとつに『フリーペーパーをつくってみる』を掲げていました。

3月は実家に帰る予定があったことや、イレギュラーな出来事にそなえて、初旬から(自分にしては)ハイペース気味に取り組んだつもりです。

その甲斐あってか、前半にはラフ案ができあがり、おおかたが出来上がっていました。

早め早めの行動を心がけると心に余裕ができて清々しい。こんな気持ちで実家に帰省し、たのしい数日を過ごした直後。

家族が順番に体調をくずし、まるまる2週間、わたしの予定は狂ってしまいました。

が、このような出来事にも焦らないよう3月初旬を飛ばしたのです。

それに下書きの校正くらいは看病の合間にできますから、下書き途中のフリーペーパーとペンはポケットに入れておけばよい。

このような調子で冷静に淡々とすすめてきました。

のこりの作業はパソコンで清書して印刷するくらいです。

家族もわたしも元気になったキリの良い本日月曜日、天気よし!花粉少ない!(自分的には。)さあ今日から製作を再開しよう!

意気揚々と下書きを探しましたが、みつけることができません。

どうやら無くしたみたいです。

わたしの下書きしていたフリーペーパーはA4用紙を八つ折りにした小さいサイズです。

写真・真ん中の茶色の紙と同じ大きさです。他と比較して小さいですね。これをポケットに入れて持ち歩いたことが、まずいけなかったのでしょうね。

小さくて軽い、すなわち存在感がないということは、所持していることすら忘れてしまいます。

どこで無くしたのやら、見当がつきません。最悪、うっかり捨ててしまったかもしれません。

また下書きの紙切れであっても保管場所を定めておくべきでした。家中を探しまわる時間が無駄です。

平熱をよそおってこの日記を書いていますが、心中穏やかではありません。自分のずさんさに嫌気がさしています。

唯一良いことがあるとしたら、この失敗からフリーペーパーのサイズについて考えなおせたことです。

ミニサイズなうえ地味だと、『目立たないし無くされがち』ってことですね。

2018-03-26 | Posted in リアルのPR方法No Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー