2018-03-06

フリーペーパー作りの流れ〜構成を考える

フリーペーパーを作りたいけど、まるっきり初心者なので、ZINE作りの本を参考に進めている私です。

参考図書「クリエイターのためのZINEのはじめ方」によりますと、製作第一段階で考えることは、内容・コンセプト・構成、ということで、今日はページ構成について考えます。

総ページ数、文字組み、開き方など、おおまかな全体像を把握することで、準備するべき素材を洗い出すことができるんだとか。

フリーペーパー作りの流れ~内容・コンセプト・構成を考える

では文字組みとやらから考えてみよう。

左から右の横方向に文字を組むことを『横組み』、上から下の縦方向を『縦組み』というそうです。

へーへーへー、じゃあブログは横組みですね。

で、これとセットで覚えると良いのが本の開き方。

横組みの場合が『左開き』、縦組みの場合『右開き』の仕様になるのが基本だそうです。

ほーほーほー。今度から読書をするときは『横組み・左開き』『縦組み・右開き』がセットになっているか確かめてみよう。

例外もあるようですが、こういう製本の基本が頭に入っているだけで、迷いがひとつなくなります。

わたしは『横組み・左開き』のセットに決めたいと思います。

次に決めることは、ページ数。

例えば、二つ折りの中綴じ製本の場合、4ページ、8ページ、16ページと4の倍数で作られています。こういう基本も知っておくと、編集時に予定が狂うことが少ない、ということですね。この本ポップなわりに勉強になるな〜

今回のわたしのフリーペーパーは、1ヶ月で仕上げることが目標なので、A4プリントを四つ折りか八つ折りで精一杯かな。

と、ここまで決定したら、紙面の工夫を考えてみると良いみたい。読者が読みやすく、飽きないような工夫ですね。

サンプル的なやつを作ってみよということらしいので、今晩やってみようっと。

 

2018-03-06 | Posted in リアルのPR方法No Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー