2018-06-28

自撮りの好みメモ

リネンワンピース着用画像

1歳のむすめっこが昼寝して、家の中に起きている人間はわたしのみ。

数年ぶりといっても大げさじゃないくらい、しばらくぶりの静寂タイムを手に入れたので、自撮りの研究をしました。

いろいろ試した中で一番よかった距離感の写真。

空間の中に人間がぽつんとあるのがやはり好きです。

他の人の自撮りを見ていても、ぽつん、と小さくいるなら顔面や目線の威圧を感じないので、自分も同じように見えていたらうれしい。

でも、深津絵里さんのようなすっきりしたあご、鼻筋の通った美しい横顔、透明感を持ち合わせていたら、積極的にアップで撮るかもしんない。撮ると思う。

生活感まるだしな背景も、クセのあるアクセントになった気がします。片づけるのが面倒だったからそのままやっちゃった、のが良い発見になりました。

独身の頃のように十分な時間があればきっと片づけてしまっただろうから、子育て中特有の追い込まれ感からの産物。こういうご褒美もなくっちゃね。

手前のナイロンパーカーやほうきのぶら下がっているゴチャゴチャがぼけていれば、もうちょいかっこよかったと思ってるけど。

 

2018-06-28 | Posted in 撮り方についてNo Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー