2020-11-12

MAGALIのタックワンピース着用画像と子育てのイラつき

MAGALI野ノスタルジックなワードローブ,タックワンピース,着用画像

こんにちは、スギサクです。

先日紹介したハンドメイドのタックワンピース(MAGALIのノスタルジックなワードローブ)の着用画像を撮ってみました。

顔面プレート、両手で持つとマヌケですね。

この手作りプレート、持ち手(割り箸)を子どもたちにむしり取られてしまいまして。

(↓持ち手があるとこんな感じです)

たぶん割り箸とダンボールが欲しかっただけです。

工作の材料が足りなかったんだと思います。

いたずらする気はさらさらないと理解してます。

ダンボールにガムテープで貼り付けていただけなので仕方ないです。

とか思いつつ、やっぱりイラついて、まあまあ強めの口調で小言を言ってしまいました。

「おかあさん本棚に隠してたのに!何でわざわざ探し出してむしり取るかな!?もう!腹立つわ~~!!」

って感じで。

「もう!」を吹き出しで表すと、太字の大、右上には濁点が付いていました。

不用品で作ったどうでもいいプレートを分解されただけで、私ってなぜここまでイラついたんだろう?

ひとつめは、プレート作りに要する時間を再び割かなければならないこと。

ふたつめは、付随する時間(撮影時間)が短縮できないと予測したこと。

まとめると、未来の時間ロスを瞬間的に想像してイラついたのでした。

・・・

今日の着用画像は、プレートを直さず撮りました。

ひとつめの時間(再プレート作り)を割かなかったことで、案の定ふたつめの時間(撮影)が長引いてしまいました。

5枚ほど撮った時点で(いつもなら2枚くらいで済む)これ以上ポーズの工夫は無駄と判断して、マヌケ中の上(チュウのジョウ)な一枚を選びました。

・・・

っていう行き場のない子育ての愚痴です、今日のブログは。

Instagram@sugisaku.s

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー