2018-03-21

入園準備、幼稚園グッズの名前付けに100均ダイソーの「おなまえシール」を選んでみました

入園準備幼稚園グッズ名前つけ

我が家の入園準備、幼稚園グッズの名前付けには、100均ダイソー「おなまえシール」を使うことにしました。

この時期はどのお店、ネット通販でも、入園・入学のための準備コーナーが目立つところにディスプレイされていて、どれを使うかさんざん迷ったのだけど。まずは100円均一グッズをおためしで。

私がダイソーで購入したシールは2種類。

100円均一ダイソーおなまえシール

小さなタイプと、息子が好きなくるまのイラストタイプ、どちらも水に強いラミネートフィルムつき。それと油性ペンで合計324円なり。

油性ペンはですね、ダイソーさんご親切に、シールコーナー内に名前書きに最適の品物を置いてくれていました。だからついつい、「あ。買っておこう。」ってなりました。家で迷子になっていたり、インクが切れていることも多いですからね。

かゆいところに手が届く、かゆくなりそうな状況を想像して孫の手を準備。さすがダイソーさん、購買促進、関連商品のみせ方じょうず。

園グッズには徹底して名前を書く

園グッズ名前の付け方書き方

そんなことより奥さん。園から名前の書き方・付け方について聞かされたとき、おどろきませんでしたか。わたしはひっくり返って後頭部を打ちました。

全ての持ち物に名前を付けなかればいけないことは理解していましたが、自分の中の100%を超えていました。200%くらいの気持ちで挑まないといけないのですね。

たとえば水性ペンであれば、ペンケースとすべてのペン本体とキャップ、別々に、とか。噂によるとこのクエストは、小学生に上がるとさらにレベルアップするんだとか(悪寒)

これを見越してテプラを探しまわっていたら、brother(ブラザー)のピータッチキューブという商品を発見。

なにこれめちゃめちゃオサレ。良さげ。個人的に欲しい。

「なまえ付け」という壮大な仕事名目で夫にねだってみようかしら?テヘ。

とか企んでみたけど、ミニマルライフ計画中&コスパを考慮して控えました。

息子が小学生に上がるときには、アップデートされた商品が出ているだろうし、そのとき必要であれば買ってもらおう。こども達もやりがたるかもしれない。自主的に行ってくれたほうが母は助かります。

なまえ付けの所要時間は、手書きで約1時間でした

入園準備幼稚園グッズ名前つけ

といういきさつで、手書きで名前を書き書き、シール貼り貼り。要した時間は1時間かからずでした。

字の練習もかねてゆっくり丁寧にひとつひとつ書いたのに、予想より早く済んで物足りなかったくらい。ドラマ観ながら、音楽聴きながらとかだと、一瞬でおわりですね。構えていたものだから拍子抜け。

もしテプラを使っていたら、説明書を読んで、フォントやシールの種類を迷う時間も要しただろうから1時間で終わらなかっただろうな。私の場合は手書きで正解だったみたいです。

あと、ダイソーで購入したシールもたくさん余ってしまいました。

直書きスペースや専用シールが付いているグッズも多くて、二種類そろえる必要もなかったかな。シールが剥がれることもあるだろうからまあいいや。

ってかんじのはじめての名前付け作業。

幼稚園グッズ程度なら手書きであっという間にしゅうりょう~!だったけど(わたしの場合)、綺麗に仕上げたいお母さんは、テプラやスタンプ、名前シールのプリントサービスなんかを利用すると満足のいく仕上がりになるのだと思われます。

 

最後まで買おうか迷ったのがピータッチキューブ。公式サイトにおしゃれな使用例が沢山載っています。

りぼんに印刷できるガーリーテプラも人気のようです。小学生女子と一緒に作るとたのしそう。

スタンプ購入を迷っている人は、シャチハタ公式サイトの「ONAMAE DIY」も必見です。可愛いアレンジレシピがいっぱいで、真似したくなります。

ネームシールの印字サービスなんかもありますが、私が迷ったのはこの3つ。世の中には便利な商品があるのですね~

2018-03-21 | Posted in 道具・工具No Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー