2016-09-27

手作りワンピースの裏地は吸放湿性に優れて静電気が起こりにくいキュプラ(ベンベルグ)に決定

手作りワンピースの裏地

現在、黒のシンプルVネックワンピースを製作中の私。

その製作過程のまとめ専用ページにも書いている通り、私は企画発案係で、縫うのは縫製担当者さんにお任せしています。

とはいえ、洋服作りに関してあまりにも無知すぎるのでいろいろ勉強中、テキスタイルの辞書も買ってみました。

 

この本、文庫本3冊分くらいの厚さとひと回りくらい大きなサイズでして、辞書としてはコンパクトですが、内容はかなり詰まっていると思います。(他のこういう本を読んだことがないので比べようがないです、すみません)

よく見かける生地の説明はもちろん、織物の種類や特徴、その歴史など写真満載で解説されているほか、柄についての豆知識、デニム、レース、ニット、編み模様の名前とその意味なんかまで載ってるんですよ。

正直な感想、ど素人の私には壮大過ぎて、生地ってこんなにも種類があるんかい~~ひょえ~~と目が回っています。

読めば読むほど自分の無知さに気付かされて嫌気がさしてきますが、いやいや、無知のまま製作完成したワンピースを販売しなくて良かった…とも思いました。



それで、この本を買ったあとに『ベンベルグ』という名前の繊維があることを知ったんですね。

洋裁をしている作家さんはきっとご存知だと思いますが、これってスポーツウエアや下着にも使われる素材だそうで、裏地としてもすごく優れてるとな!?

さっそくお気に入りの辞書でベンベルグをひいてみましたが、この件に関しては簡単な説明しかなく少し物足りなかったので、いつものネット検索すると旭化成のホームページがヒットしました。

ベンベルグ

ベンベルグは旭化成の商標登録名だそうで一般名称はキュプラ。(このことも辞書にちゃんと明記されていました)

興味ある人は、旭化成のHPをぜひ見に行っていただきたいのですが、このベンベルグ、夏は涼しくて冬は暖かい、吸放湿性に優れていて、静電気も起こりにくいと書かれています。(このことも辞書にちゃんと書かれています。ようするに私が無知すぎて辞書の情報に満足できなかったということ。)

ワンピースには絶対裏地をつけたい!とこだわっていた私。

こんな素晴らしい素材があるならぜひとも採用したい!と鼻息荒く縫製担当者さんに連絡しましたら、早々にお返事が。



手作りワンピースの裏地

「スギサクさん良い質問です。あなたにお送りしたワンピースの裏地がまさに、ベンベルグ(キュプラ)ですよ」と、半笑いでご回答いただきました。

頼もしい縫製担当者に巡り会えて、ワテは本当に幸せです。

ワンピースの裏地は『キュプラ』に決定しました。

そして、こちらも間違いなく良い本です。

 

 

▶続きはコチラ 黒いVネックワンピースの仮縫い試作第二弾、完成!

ワンピース完成までの道のり・まとめページはコチラから

秋冬春3シーズン着用ワンピース製作中

 

2016-09-27 | Posted in 作家さんとのコラボ作品No Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー