2018-04-12

豆乳で寒天ゼリー、プレーンと抹茶味のきなこ黒蜜がけ~手作りおやつの記録

木曜日、金曜日のおやつは、豆乳寒天のきなこ黒蜜がけ。

先日の豆乳プリンがラクちんだったため、今回はプレーンと抹茶の二種類を四角くカットして、あんみつスタイルで提供してみました。

プレーン(白い寒天ゼリー)は砂糖ゼロ。

抹茶味のほうだけ、すこし砂糖を入れています。味付けではなくて、抹茶の粉を溶かすための砂糖です。

こうなるとプレーンなんて、もはや絹ごし豆腐じゃないですか?

潔く豆腐で代用しても良いんじゃないかしら?豆腐に黒みつときな粉をかけてもバレないんじゃないかしら?男前豆腐あたりでどうかしら?

砂糖を入れなかった理由は、前日にあったむすこの3歳6ヶ月検診のせいです。歯の手入れ、虫歯に関する講習がありまして、そのとき。

「おかあさん。ちいさい子供のおやつは、一食分だと考えてくださいね。子供は一回でたくさんの量を食べられませんから、おやつで栄養を補います。おにぎり、サンドイッチ、くだもの、やきいもなんか良いですね。甘いスナック菓子を与えすぎてはいけません。ジュースも必要ありません。喉が渇いたら、お茶かお水を飲ませましょう。」

ギックゥーーー!!心当たりがありすぎぃ~~!

「こどものおやつは一食分」どの子育て本にも書かれていることで、知識として頭の片隅にはあったけど実践できていないことでした。

ちびまる子ちゃんのごとく無言で額に汗をかいた私は、砂糖抜きでおやつを作ったのでした。と言いつつ黒みつをかけてしまったけど。

いきなり無味ってのもアレだから、ちょっとずつ、気付かれないように、食事スタイルのおやつにシフトさせたいと思います。

そのおかげか、息子も娘も今回の寒天ゼリーに味が付いていないことに気が付いていないようで、二日連続を喜んでいました。

Instagram@sugisaku.s
2018-04-12 | Posted in 近ごろのスギサクNo Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー