2018-03-23

⦅かんたんお菓子⦆白崎茶会のマフィンレシピをドーナツ型で焼いてみた

今日のおやつは、白崎茶会のマフィンレシピをドーナツの型で焼いたもの。もうちょい焦げた方が良かった?仕立て。

トッピングは3歳の息子が選んだドライフルーツ。色とりどりのきらきらが可愛かったんでしょうね。お店で見つけるやいなや、抱いてはなさなかったお気に入りを一緒に飾り付けました。

ところで、最近はまっている白崎茶会のレシピは、牛乳、バター、卵を使用しません。なので卵と牛乳アレルギー持ちのむすめも食べられるのですね。

お兄ちゃんが食べている市販のお菓子を、ワシもワシもと欲しがるようになってきた、、、くらいならまだ可愛い。同じものをあたえないと地団駄をふむようになってきたので、母はせっせと手作りしています。

お菓子作りって、正しく計量することや、正確な手順を踏むことが求められるので、目分量主義のわたしは苦手でした。

でした、と過去形でいうと克服したかのようですね。すんません。まだまだ苦手意識は払拭できず、手が込んでいるレシピはスルー中です。

チャレンジしているのは、焼き時間こみで1時間以内で完成の、かんたんなものだけ。

そんなわたしなので、娘がアレルギー持ちでなかったら、こんなことしていなかっただろうなあ、『白崎茶会』のことも気に留めなかっただろうなと思います。

白崎茶会の本はまだ一冊しかもっていないのだけど、この本のレシピはすべて、惣菜つくりのような感覚で作って食べるお菓子ってかんじ。

ほとんどがスーパーで手に入る素材で、専用ツールを用意する必要もなくて、家にあるもので代替え可能。

ひとつの成功が明日のやる気をおこしてくれるもんですね。

苦手意識バリバリだったわたくしですが、明日は何にチャレンジしようか。レシピ本を眺めることが日課になりつつあります。

はまるとなんでも楽しいですね〜。

 

Instagram@sugisaku.s
2018-03-23 | Posted in 近ごろのスギサクNo Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー