2017-10-25

スマホカメラで上手に作品撮影したいのはなんで?

スマホカメラで作品撮影

最近スマホカメラでブログ用の写真を撮っていることが多くて、もうちょっと上手に撮りたいなあと思っていました。

で、ふと「上手」っていったい何かしら?私が考える上手ってなんなのかしら?どんな写真の上手を目指しているのかしら?なんて考えこんでしまったという話なんですけど。

 

大きく分けると「写真の撮り方」は2種類

なんとなくですけど、写真の撮り方って大きく分けて2種類な気がしています。「具体的」に撮るか、「抽象的」に撮るかの2種類。

「具体的に撮る」とは、写っているものが何であるか、はっきりと伝わるように撮ることで、説明の要素が強い感じ。

「抽象的に撮る」は、写っているものは何かよく分からないけど綺麗ねとか、なんか好きだわとか、おしゃれな雰囲気ねみたいな、イメージを伝える感じ。

これでいうと、私のはほとんど「具体的」で「説明」のために撮っている写真なのですね。

 

具体的写真の例

具体的で説明の要素が強い写真ってどんなの?の例が以下。

IMG_4695

わたくし最近、オリガミの手裏剣(しゅりけん)作りにハマっています。

ハマった理由は、単純に「子供が喜ぶから」と言いたいところですが、そうじゃなくて「仕上がりがすごくガッチリしているから」です。

ペラペラの紙を折りたたみ2重に重ね組み合わせることで、カッチカチの頑丈になるのですね。まさに手裏剣作ったった!感が病みつきになっているのですね。

IMG_4706

普通のオリガミじゃ物足りなくなって、より雰囲気のあるオリガミ求めてLet’sダイソー。

ぬの紙!布の紙なんてあるの、いいじゃん!と喜び勇んでレジかごに放り込んだのですが、帰宅後開封してから気が付きました。布じゃない…

IMG_4710

「布地風ちよがみ」でした。

IMG_4712

普通のオリガミより厚手だし、和の雰囲気も出たから良しとします。

IMG_4690

ところで今日の撮影は、TRUSCOのトランク工具箱が梱包されていた箱の上で行いました。

スマホカメラでの作品撮影

スマホの充電がなくて、コードにつないだまま撮影できる距離がこの場所、で、転がっていた箱の白い面を利用したというわけです。



って感じが私が考える「具体的で説明の要素が強い写真」です。

 

なんで具体的な写真になっちゃうのか?と解決策

なんで具体的な写真になっちゃうのか?を深堀してみると、第一に文章に自信がないし、せめて写真で説明したい気持ちから、第二に簡単で手っ取り早いからだなあと。

理想は、雰囲気の良い写真1枚+おもしろい文章、だけどこれまた難しい。それに、おもしろい文章というのも、なにをもっておもしろいと言うのか?これまた深堀対象になりますね。

とにかく、スマホカメラで上手に撮りたい。私の場合は、具体的写真をもう少し明るく撮りたい、そして抽象的な一枚を目指して練習すれば、自己満足度が上がるってことかしら。

手裏剣を抽象的に……とか難しいなー!
 

2017-10-25 | Posted in 撮り方についてNo Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー