2019-05-13

着なくなった大人用浴衣をリメイク!男の子用(110サイズ)甚平に作り替えました

大人用浴衣リメイクこども甚平完成

こんにちは、2児(4歳男児と2歳女児)の母・スギサクです。

私の浴衣をリメイクした子ども用の甚平が完成しました!今回は大成功、きれいに縫えたー!

むすこの通う幼稚園では、毎年夏祭りイベントがあるのですね。園児のドレスコードは浴衣or甚平なので、今から作っておいたのです。

イベントの日まではかなり余裕があるので、ゆっくり焦らず仕上げることができました。型紙を写す作業が1日、裁断と上着製作に2日、パンツに1日の合計4日。

ちょっと戸惑った手作り甚平の参考書「女の子・男の子のゆかたとじんべい」

大人用浴衣リメイク,手作り子供用甚平

初挑戦の甚平作りで参考にした本は、図書館で借りたレディブックシリーズの「女の子・男の子のゆかたとじんべい」です。

型紙を写した感想はこちらの日記(↓)に書いておりますが、実際に作った感想はというと…

こちらの本、作り方の説明が写真満載でわかりやすそう!初心者向きっぽい!

と思いきや、肝心な部分が省略されています。そのへんが残念でした。

まっさらさらな初心者にはちょっと不親切かな?洋裁をちょびっとでもかじった人(私がこれ)なら、ある程度カンで理解することができるかな?焦らなければ大丈夫そう、というかんじです。

私の場合は最近こども服をよく作っていたので、なんとか完成までこぎつけたものの、 「えーと、えーっと…??」 一工程すすむごとに本とにらめっこしていました。

とくに戸惑ったのは袖の付け方です。洋裁とぜんぜん違うんですね~。

大人用浴衣リメイクこども甚平,既製品との衿もと比較

あと戸惑った箇所ではないのですが、自分の好みとしてグレードアップさせたのは襟元です。

襟元が着崩れるとだらしなく見えてしまうので、ここだけ生地を2枚重ねにしました。

というのも、おととしAmazonで買った白地にパイナップル柄の甚平(プレ幼稚園時代にも夏祭りイベントに参加したのです。その時はミシンにはまっていなかったため購入)、激安すぎたせいか襟元がすぐにヨレヨレになっちゃったのですね。

上の写真は、むすめがパジャマとして着ていたものを撮ったので、ヨレヨレしすぎていますが、もともと薄い洋服地で作られているため、日中に着せていても近い状態になります。

このヨレた襟がやだなーと常々と思っていたので、手作り甚平は改善したのでした。

接着芯を使わなくても、同じサイズにカットした布を2枚重ねで縫うだけでヨレなし。ビシッと衿が立つと気持ちがいいですね。

大人用ゆかた生地で、110サイズの子供用甚平が作れました

大人用浴衣リメイクこども甚平完成

サイズは付録の型紙の110サイズで作成しました。

身長103センチ、15キロのむすこにぴったりです。痩せ型のむすこにはパンツがすこし大きい気もしましたが、全体でみるとジャストです。

もしかしたら来年着られないかも?丈が短めになるかも?と思ったくらいのジャストさでした。

大人用浴衣リメイクこども甚平完成透け感
(透け感が伝わりますでしょうか?とっても涼しそうな生地です)

母的にはパンツが特に気に入っています。自分が履きたいくらい。かわいい。

Tシャツと合わせて普段着としても活用しても違和感ないし、涼しげです。

ってかんじの浴衣リメイク。スギサク家の不用品がまたひとつ救済されました。今回はいつもに増して有効活用できた気分がしています。達成感!

浴衣リメイクの関連エントリー

▼リメイクした浴衣は、ゴールデンウィークの実家帰省時に持ち帰ってきました。女性用の浴衣ですが、男の子用として再利用できる柄でした~。よかったよかった。

▼やって良かった断捨離(リ)メイクは、こちらのページにまとめています。今回の甚平も本当にやって良かったです!入れておこう。

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー