2017-11-10

ベビー服のカバーオールを15分でワンサイズアップさせるリメイク方法

ベビー服カバーオールをリメイク・ワンサイズアップ方法

ベビー服のカバーオールってあるじゃないですか。上下つなぎの前が全開になって、スナップボタンでポチンポチンと留めていく服。

よだれや食べこぼしで汚れちゃった、毛玉でみすぼらしくなっちゃった。なら惜しみなく捨てられるんですけど、まだ綺麗なのに~高かったのに~気に入ってるのに~良い品いただいたのに~とか、未練が残るときありますよね。

あれをね、簡単にサイズアップする方法がありまして。

と言っても、当たり前というか普通というか、かんたんすぎて、記事にするのも気が引けるんですけど、ちかごろの手芸のスギサクは子供ネタ充実活動中なので、書いちゃおう。

 

ベビー服のカバーオールを「シャツ風トップス」にリメイクする

息子の足

こちら(↑)現在3歳の息子が、0歳の時に来ていた80サイズのカバーオール。あまり着なかったせいもあって状態良好です。(写真は過去記事にアップしていたものです

おさがりで9ヶ月の娘っ子に着せたいのですが、ハイハイや伝い歩きで動き回るため、スナップボタンを全部留めるのが困難。

カバーオールのかんたんリメイク

そんなときは、カバーオールの足の部分ぎりぎりのところをカット&裾を縫ってトップスに。ベビー服は小さいので、手縫いしたとしても15分もあれば完了します。

ベビー服カバーオールをリメイク・ワンサイズアップ方法

そんでもって今回は、男子→女子の服に変更だから、家のあった幅広のコットンレースを襟のようにつけてみました。

わが家の娘っ子は、標準より小さめなので、生まれたてのとき着ていた50~60サイズのカバーオールも、この方法で着せています。(現在のジャストサイズは70)

大きな子は無理かもしれないけど、けっこう長持ちするので興味ありましたらお試しを~。

以上、超絶かんたん子育て節約術でした。

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー