2018-02-01

[2月3日の節分準備]3歳&1歳の子供ふたりが楽しめる豆まき用の豆

実家をはなれて寮完備の短大に通っていたむかーしむかしの話。

寮住まいの可愛い娘(私)に、不憫はないかい?必要なもの欲しいものがあれば送ってあげるから言いなさい、と母が親心を見せるものだから、すっかり甘えてこう伝えました。

寮の中には寮生兼用のキッチンスペースと冷蔵庫がある。ごくたまに自炊したい時があるから、少しだけ調味料が欲しい。

といっても塩コショウと醤油で十分。

あとは、そうだな。お菓子も入れてくれたら嬉しい、と。

その後、すぐに送られてきたダンボールに入っていたのは以下でした。

ちがう、この塩じゃない。

使用人数と使用頻度から算出すると多すぎる。

小瓶にはいったやつが良かった。食卓テーブル塩コショウみたいなやつ。

だって学校がある平日の朝・夕は寮から食事が支給されるし、私の通う食物栄養コースでは、調理実習が多くて昼ごはんにも困らない。

それに、土日はバイトから賄いがでる。

自炊するのはごくごくたまの休日だから、伯方の塩1キロは使いきれない。

想定外。なんで?なんで『刺身醤油』を送ってくるかな?

普通で良かったのに。

キッコーマンとかのやつ。

薄口でも減塩でも良かったけどね。よりによって刺身醤油とは。

入れ物に気を効かせた結果?それにしても普通のやつ売ってなかったかな?

お菓子って。まさかこれ?

お菓子リクエストで甘納豆が送られてくるなんて想像していなかったよ母さん。

クッキーとかチョコレートとか期待していたよ。

実家で母さん食べてる甘納豆、横取りしたことなんて一度もなかったよね。

あげようか?と差し出されても断っていたよね?

この際はっきり言わせてもらうけど甘納豆、わたし嫌いだから。



こんな想い出があった甘納豆ですが、40歳を迎えた今、なぜだか大好きです。

豆のまわりの砂糖がジャリジャリしてるかんじとか最高だなと思います。

 

1歳の妹が誤飲せず、3歳児の兄が楽しめる豆を探してみました

3歳と1歳の子供二人の節分豆まき、テトラパッケージ入りの豆と甘納豆にしておきました。

これなら3歳の兄が投げ散らかしても、1歳の娘は誤飲しないと思う。それに甘納豆だったら、1歳の娘っ子も食べられますしね。

あと、この袋ごし投げてくれたら掃除がラクかと思いまして。

鬼の面の準備も万端、当日はお父さんに活躍してもらおう。

2018-02-01 | Posted in 雑記No Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー