2018-11-13

家にあるもので秘密基地作り、カメラの三脚でティピー(テント)が完成しました

カメラ三脚手作りテントティピー

わが子2人(4歳男児と1歳女児)の最近のブームは、秘密基地ごっこ。

ケンカしながらも、仲良くキャッキャッはしゃいでいるので、クリスマスプレゼントにティピー(テント)でも買ってあげようかしら?と通販サイトをチェックしたら、たかっっ!なかなかのお値段するではないですか。

すぐに飽きたらもったいないし、狭い部屋を圧迫しそうな大きさ… ダメだダメだ!こんなの買えない!

というわけで家にあるもので工夫したら、15分でそれらしきものが完成しました。

 

カメラの三脚を土台に、ままごと用テントを自作してみました

ティピーとは、インディアンテントとか呼ばれる円錐形のテントの事で、よく見るおもちゃ用はこんな感じです(↑)

自作する場合、基礎となる長い棒を用意して、崩れないよう頑丈に設置することが難しい気がしたので、カメラの三脚を利用しました。

部屋の子どもスペースに、

カメラ三脚

カメラの三脚を一番高い位置で設置して、

ティピー,テント,手作り

大きな布を巻き付けたら、それっぽくなってきた。



カメラ三脚手作りテントティピー

というわけでいきなり画質が変わりましたが、敷物やクッションを添えたらいい感じになりました。

この完成度には、幼稚園から帰ってきた息子、めちゃくちゃ喜んで昼寝までしてくれました。ここ最近は頑として寝なかったのに。はやくテントを作ればよかったんだ。

そしてティピー代も浮きました。わたしって優秀な妻だわ。

 

手作りおもちゃの関連エントリー

▼ダンボールで作った軽トラは、今でも現役で遊んでくれています。ボロボロになっているので母は捨てたいですが、子供2人が許してくれません。嬉しいやら嬉しいやら…

3歳息子と製作中のダンボールの軽トラに自転車用ライトを設置した結果

▼そういや息子1歳の誕生日は、段ボール工作キットのおうちを作ってあげたのでした!引っ越しで捨てちゃいましたが今見ると可愛い。

ダンボール簡単工作キット「すまいるキッズハウス」で息子の家を作りました

2018-11-13 | Posted in 手作りおもちゃNo Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー